他人の期待に応えなくていい権利:子供をコントロールする親

親子

子供をコントロールする親

いつも親の顔色を伺って生きてきた方は、「人の期待」に応えようと頑張りすぎるようです。私自身そのようなところがあるので、お気持ちはよ~く理解できます。

ただ私の場合は、母が子供に無関心だったので、はなから期待されてもいませんでしたが…。そのため、母の気を引こうと、必死に気に入られるようなことをしていました。

要は ”ご機嫌取り” をさせられていたってことですね。今なら分かりますが、母は無意識に私をコントロールして、自分の要求を通していたのです。

無意識にコントロールされていた私は、大人になってもやはり「人の期待を裏切ってはいけない」と、無意識に思い込んでいました。

そんな中、病気をきっかけに自分のエゴ(思考の偏り/無意識の思い込み)に気づき、日頃の感情反応に意識を向け、自己分析し続けた結果、徐々にその思いが薄れました。

自分は自分であって良いと、「自然な自分」でいることを自分に許可できるようになったのです。

他人の期待に応えなくていい権利

親離れできない原因と共依存の克服 にも少し書きましたが、私たちは「他人の期待に応えなくていい権利」を持っています。

これは「自分勝手に生きていい」という意味ではなく、「意思決定」を自分の責任で行う大人としての行動原則です。

自分の幸せは自分で創るもの

親や周囲の人が「自他の線引きをしない人」であれば、あなたが自分の人生に責任を持って「自他の線引き」をしてください。

親子問題で悩む相談者さんの中には、自分でできることもやらず、文句ばかり言ってラクな道を選んでいる人も大勢います。

おそらく、線引きすることで生じる「デメリット」を恐れているのでしょう。親子共依存は、お互いにメリットがあって成立する関係ですからね。

何かを失う恐怖心もよく分かりますが、意外と何とかなるものですから、安心して親と子の線引きをしてください。

人が成長するときには痛みが伴います。あなたが恐れているのは「成長痛」です。自分が自分であるために必要な成長を恐れないでください。

相手を悪く言ったり、相手に怒りを感じるくらいなら、あなたが大人になって「他人の期待に応えなくていい権利」を行使すればいいのです。

人に振り回されるのは、あなたにも原因があります。他人を責めないためにも、必要があれば、自分で自他の線引きをしましょう。

自立(エゴを克服)して、はじめて人は自由になれます。

ゲシュタルトの祈り

最後に、心理療法の一つである「ゲシュタルト療法」の思想が反映された『ゲシュタルトの祈り』という詩をご紹介します。

《 ゲシュタルトの祈り 》
私は私の人生を生きる
あなたはあなたの人生を生きる
私はあなたの期待に応えるために存在していない
あなたも私の期待に応えるために存在していない
私は私 あなたはあなた
縁あってお互いを見つけ出せたら素敵だけど
そうならなくても、それはそれで素敵なことだ

自立コーチ三島

 
LINE・Twitterでブログ更新を通知します♪
 
「本当の自分」でありたいと願いながら、無意識に「本当の自分」を恐れていませんか?
 
「恐れ」の原因を解明して、「本当の自分」で生きるサポートをします。
 
私は特別な人ではなく、もがき続ける普通の人です。私にできることは、あなたもできますよ!
 
【略歴】2003年からセラピーで学び、うつ病(自殺未遂)と毒親(発達障害・自己愛性人格障害)の問題を克服。
 
2014年「これでよかった。十分だ」という声が体内から聞こえると同時に、至福感が湧き上がるエネルギー統合を経て「人生のしくみ」に目覚める。
 
天意(あい)の探求者。

\ ブログ更新情報を受け取る /
親子人間関係・ママ友
\ ブログ更新情報を受け取る /
スピリチュアルコーチング名古屋
タイトルとURLをコピーしました