プロフィール

初めての方へ

簡単な自己紹介

私の顔をタップする人がいる(´・_・`)コワい

「自己否定の正体と本物の癒やし」というテーマでお話ししました。そのままタップすれば、アプリ無しでパソコン・スマホから聞けます↓

発達障害の父と自己愛性人格障害の母に捨てられた「元・精神的捨て子」です。虐待とうつ病を克服したことで意識が反転し、人生では必要なときに必要なことが起こると気づきを得ました。

私たちは「現実世界」と「精神世界」を同時に生きていますが、スピリチュアルを頭で理解している人は、「親を許さなきゃいけない」という思い込みで自分を苦しめています。

自分の本心に従えばいいんですよ。「許す」とは、あるがままを認めることです。「親を許せない自分」を許してください。

私のことを話すと、うつ病でセラピーに通った際、初日だけ母が同席しましたが、母は「娘の病気は娘だけの問題で、自分たちには関係ない」と言い放ちました。

師匠いわく「心配の仕方を知らない」とのこと。今でいうモラハラですね。発達障害は個人差がありますが、自己愛性人格障害は完全に爬虫類脳(動物脳)です。人間の心を知りません。

精神世界の視点では「両親は私の成長を助けてくれる協力者」と思っていますが、だからといって虐待は許される行為ではありません。それとこれとは別。

人間として許されない行為は、許さなくていいんです。精神世界の価値観と現実世界の価値観を混同しないように、お気を付けくださいね!


2003年から師匠の下で精神世界を学び始め、2014年に体の中から「これで良かった」「充分だ」という声が聞こえると同時に、「満ち足りた感覚」「至福感」が湧き上がる体験を二度しました。

その声の主はハイヤーセルフです。以来、より深く「人生のしくみ」を捉えられるようになりました。といっても、まだ完全に目覚めたわけではなく、統合を続けている途中です。

現在は、エンパスの直観(本質を見抜く力)とヒーリングを使って、抑圧してきた「嫌いな自分/シャドウセルフ」と仲直りして「本来の自分」を生きるサポートをしています。

三島
三島

ハイヤーセルフメッセージ
気づくと癒える・学ぶと解放される

私の能力

師匠や複数のヒーラーさんからエンパス兼HSPと聞きました。HSPは人間的な性質、エンパスはエネルギーの気質のようですね。

HSPの詳細はアーロン博士のサイト長沼医師のHSPページHSP診断テストをご覧ください。(バイアスが入るので、自己診断は当てにならないと私は思います。家族からの評価であれば信頼できるかも)

私はエンパシー能力を使って仕事をしているため公表していますが、エンパスもHSPも、単なる概念ですから、自己同一化するとエゴが生じるかもしれません。要注意。

私は文章から”気”を感じやすく、思考感情の波動が波紋のように伝わることもあります。子供の頃から学校の先生が驚くほど、洞察力が鋭かったです。

私のエンパスとしての特徴は、憑依体質、繊細で共感力が強い、嘘を見抜く、無意識にエネルギー(感情,音,光,気)と同調する、事件事故の未来予知、寝ている間に人助けetc.

高校時代と大学時代に、新聞の読者投稿欄に投書した際、どちらも採用されて、編集長から感性の鋭さを褒めていただいた記憶があります。

私について

子供の頃から探究心が強く、「生きるとはどういうことか」と、人生を哲学的に捉えていました。自分の命が20歳まで続くと思っていなかったですからね。

「親と同じ問題を繰り返さないためにも、自分の問題を解決するまでは結婚しない」と、負の連鎖を断つ決意をしていましたが、この決断は大正解でした♪

20代でうつ病になり、自殺未遂を繰り返して実家に戻るも、家族の虐待でさらに衰弱し、寝たきりになった体験など、うつ病回復の過程や両親との関係については、下にある記事をご参照ください。

両親を反面教師にしながら、20代から心理療法の交流分析(杉田峰康先生)やカウンセリングを学び、うつ病をきっかけに師匠(セラピスト兼ヒーラーさん)の下で精神世界を学びました。

スピリチュアルは「体験からの学び」が「基礎」であり「すべて」です。情報や知識に偏らないでくださいね。

本来、スピリチュアルな使命・役割というのは、誰かから与えられるものではなく、命が喜ぶ体験をすること

三島
三島

自分の命を自分で磨く
自分の命を自分で愛する
自分の命を自分で育てる
命が喜ぶ体験をしましょう!

発達障害の父、自己愛性人格障害の母、うつ病を克服した娘
発達障害の父、自己愛性人格障害の母私の父は衝動性優勢型ADHDかつ積極奇異型アスペルガーで、些細なことでキレては、怒鳴り散らして物を破壊する人です。母は父の事を「病気」「物事の道理が分からない」「加減が分からない」などと、...
幼少期-自己愛性人格障害の母とADHDの父による虐待
精神的に抱きしめられることのない幼少期 母は常にイライラしており、子供に怒りを八つ当たりして、不機嫌な態度で家族を支配することに依存している人でした。 「子供が自分を気遣い、優しくするのは当然」と思い込んでおり、話しかけても無視...
20代-人生の転機「うつ病と自立」
「何かがおかしい」と心のどこかで思いながら大人になり、恋愛や友人などプライベートな人間関係にいつも悩んでいました。 感情的になって人を振り回したり、自分も振り回されたり、かなり酷かったと思います(当時、傷つけたり不快な思いをさ...
30代-うつ病から得たもの手放したもの
これまでの体験から、20代でうつ病という『本来の自分を取り戻す機会』に恵まれ幸運だったと思っています。 病気になった当初は、家族にフリーターとバカにされる中、やっとの思いで就職した大企業での仕事、年齢的な若さ、友人など、多くを失ってし...
娘をやめると母娘関係が改善します
親に甘えながら自立することはできません。ご相談を受けるなかでも、自立の意志が固まっていないと感じることは多々あります。以下はよくある例です。 ◎「母親とケンカしたんですぅ」と訴える30代の娘 ◎自立したいと言いつつ実家にしが...

これまで学んだこと

※役立ったことだけ記載しています
心身科学を学ぶ 市民カウンセラー養成講座(杉田教授)
インナーチャイルドセラピー
レイキ サードディグリー
人間総合科学大学学士編入(発達心理学、交流分析、カウンセリング論etc)
脚本分析と再決断、困った人びとの交流分析、幼児教育に活かす交流分析(杉田教授)
日本とアメリカの家族事情・自己を癒すカウンセリング(西尾和美先生)
交流分析士2級(現在は資格失効)
レイキ アウェアネスセミナー(Prema*Reikiアカデミー)

推薦図書

良書を読むことでも気づきは得られます。今後少しずつリストを増やす予定です。今はネットで簡単に情報を得られるので、情報過多な方が目立ちますが、身銭を切って良書で勉強なさることをお勧めします。

◆親子関係・人間関係
交流分析/杉田峰康教授のご著書がおススメ
インナーチャイルド-本当のあなたを取り戻す方法/ジョン・ブラッドショー、新里里春

◆エゴに気づいて意識を変える
ニュー・アース ~意識が変わる 世界が変わる/エックハルト・トール

◆怒りのコントロールでお悩みの方に
なぜ、「怒る」のをやめられないのか~「怒り恐怖症」と受動的攻撃/片田珠美

タイトルとURLをコピーしました