親離れできない原因と共依存の克服

親子
この記事は約7分で読めます。

親離れできない大人たち

親と仲良くしたいというご相談が多いですが、親と対等な関係を築きたい「自立の欲求」と、子供のように甘えたい「幼児的愛情欲求」は違います。

そもそも私の仕事は自立支援であって、親子ゲンカの仲裁ではありません。

誰かと仲良くしたいとは、「自分の思うような関係になりたい」というエゴ(依存・期待・自己都合)でもあるため、本当に仲良くなるには、そのエゴが障害になってしまいます。

要は、親に向けている意識を自分に向けて、自立(エゴを克服)したほうが、早く望む関係を築けるのです。

親が子供を支配できないのと同様に、子供も親を支配できません。【自分の心を成長させる自立】が、苦しみから解放される唯一の解決策ではないでしょうか。

人間の心は、子供の人格から大人の人格への成長を望むため、”子供の立場”に執着するほど、葛藤で苦しむのは当然です。「心の欲求」と「エゴの欲求」が対立していませんか?

私の経験では、母娘関係は感情論ではなく「精神性」が解決します。まず、あなたが「幼稚な自分」を自覚して、親より先に大人になる。それから「未熟な親」を受け入れるしか方法はありません。

自立とは、エゴを自覚して自由になる「心の成長」です。自立すると、「親も一人の弱い人間なんだ」と、受け入れられるようになりますよ。

「無自覚」という負の連鎖

「無自覚」という負の連鎖

私もうつ病になるまで「母子分離不安」があって自立できませんでした。ですので、親から愛情をもらえない欠乏感が原因で、親に執着したくなる気持ちも分かります。

しかしながら、毒親被害を訴える方は被害者意識が強く、ご自身も親と同じエゴを抱えていることに無自覚です。

この「無自覚」という負の連鎖を断ち切るには、親に愛されない【不都合な現実】を真正面から受け留める必要があります。

あなたが毒親と呼ぶ人たちも、あなたと同じく【不都合な現実】を認めようとせず、幼児的人格のまま成長していないのは分かりますよね?

いつまでも子供のままではいられません。成長を放棄することで「自分」を不幸にしていると気づいてください。これまで避けてきた「自立」に向き合えば、何かが足りない欠乏感は解消できます。

また、”自分本位”と”自分らしさ”は違います。本来の可能性や能力を発揮して「自分らしく」生きるには、社会に出て素直に人から学び、人間の器を広げる成長体験が不可欠です。

意識的または無意識に「怒り」を周囲にまき散らしたり、自分の問題を無視するなど、親と同じ問題を繰り返す「自分」に気づく謙虚な気持ちを持ちましょう。

親子共依存の自立できない原因

共依存・親離れできない真の原因

20代後半から始まる「転換期」で、自立(エゴを克服)する機会が必ずあります。でも、対立を避けてラクな道を選択した結果、共依存から抜けられなくなる方も大勢います。

損するから親に抵抗しないでおこうと、損得勘定で「自分」を不幸な状況に置かないでください。「親の呪縛」と言いつつ、自ら親に執着して苦しんでいませんか?

私が相談を伺った限りでは、親離れできない原因の多くは「経済的に甘えたい」というものでした。「見捨てられ不安」や、親を裏切って責められたくない「自己防衛」は少ないです。

共依存は、精神的メリットのほかに経済的メリットがあるので、お互いに利用し合っていれば、自立できないのも、ある意味当然でしょう。

実家暮らしの独身者、子供の教育費や自分達の生活費をもらう既婚者など、親に甘えておきながら、親を”毒親”呼ばわりする人達は、言い訳ばかりして自立する気がありません。

このように、多くの人が「自分の問題に向き合いたくない」という【回避依存】で生きており、親子で話し合う努力もせず、一方的に相手を悪者にするラクな道を選択しています。

家族間で率直にものを言えない「風通しの悪い家庭」、親が子供に甘える「友達親子」、子供が親の甘えを満たす「親子の役割逆転」は不健全な親子関係です。

あなたが親や子供にしがみつくメリットを考えてみてください。そのメリットを失いたくないから、我慢していることがありませんか?

厳しいようですが、対立を避けてラクな道を選択したり、親に嫌われたくないのであれば、自分を偽って生きるストレスを引き受ける覚悟が必要です。

まずは親子がぶつかる「修羅場」を体験して、それでダメなら”いいとこ取り”をあきらめて距離を置く。「お金」と「心の平安」のどちらが大切か、自分の「方針」「自分軸」を決めないと解決しないでしょう。

親の問題と自分の問題(自立)を分けて考えることが本当の解決です。幸せになる努力(=親から離れる努力)をしない理由を自問してください。

「今の自分」を客観的に見直したら、次は行動を変えましょう。親がしつこく電話して来る場合、どこまで付き合うか明確な基準を決めること。これが「自分軸」で「自分に一致して」生きる行動です。

それと同時に「できること」と「できないこと」を親に伝えてください。このときに「罪悪感」が出てきたら、それは本来のあなたの感覚ではないので、統合ワークで癒しましょう。

もし基準(自分軸)を超えたら、毅然とした態度で断ること(そこまで人にしがみつかないといられない状況は病気も考えられます)。あとは親本人の問題ですから、自分の問題と切り離して考える。

私のような職業でも相談者に振り回されることがあるので、何かしら方針(自分軸)を決めています。一方的に我慢する関係は「怒り」につながって、お互いに嫌な思いをするだけですからね。

相手が自分と他人の線引きをしない人なら、自分が自立して線引きをすることで、自分も相手も責めずに済みます。

自分が自分であることに責任を持つ。これが大人のやる事です。自立して「人の期待に応えなくても良い権利」を上手に行使しましょう。

夫婦共依存の離婚できない原因

夫婦共依存の離婚できない原因

離婚に迷う原因第一位も「経済的メリットを手放したくない」です。「あと3年で夫が定年だからそれまで待ちたい」と、年金分割に期待して「損得勘定」で決断を先延ばしするのはあなたが後悔します。

もしかすると後悔することもなく、今まで通り「私かわいそう」「なんで私ばっかり」などと、自己保身と自己憐憫を続けるかもしれませんね。「幸せになる努力」をせずに文句ばかり言う人も多いです。

子供を理由に離婚しない人がいますが、「困難に向き合いたくない」「後悔したくない」という損得を動機に行動する「回避依存」は、子供も自分も不幸にします

幸せになる努力(=離婚する努力)をしないのはなぜでしょうか? 困難回避を人生の第一目標にしていませんか? 困難は一時的に逃れられたとしても、逃げ通せるものではありませんよ。

そもそも人生の困難は「たましいからのメッセージ」ですから、しっかり向き合うほうが得策です。決断を先延ばししても、今までと同じく「自分を苦しめる」だけ。学習してください。

また、離婚を躊躇する人は、親を頼れないという共通点がありますが、「親に頭を下げるくらいなら、夫で我慢しよう」というエゴ(意地やプライド)が、自分を不幸にする原因です。

「自立は損、依存が得」というエゴで、他人に執着した結果、大損している現実を認めましょう。

この場合、エゴ(意地やプライド)を捨てて親に援助を頼むことが、エゴを克服する「自立体験」でもあるので、素直に親に相談することをお勧めします。(ただし、期待は禁物)

依存目的の金銭援助はNGですが、精神的経済的自立を目的とした、一時的な金銭援助は適切なサポートです。(動機と目的にエゴがあるか無いかの違い)

「責任回避」や「後悔しないこと」を人生の第一目標にしている限り、離婚しても離婚しなくても、必ず後悔します。

目先の損得に振り回されず、今からパートを始めて社会復帰を始めるなど、何かしら現実的な行動が急務です。あなたがあきらめない限り、人生は何度でもやり直せます!

離婚する自分を責めるのではなく、離婚に至る結婚を決めた動機(エゴ・不安)に注目してください。しっかりと自分の弱さに向き合い、「不都合な動機」に気づきましょう。

エゴに気づく体験が、あなたを本来の人生に戻します。

他人に振り回されずに生きる

他人に振り回されずに生きる

自分勝手で自己都合優先なのは、あなたも同じではありませんか?損得勘定で生きていませんか?

保身に走って不都合な現実は認めず、相手の負の側面ばかり強調すると、よけいに共依存を克服できないと私は思います。相手と同じエゴがあなたにもあるから、感情が反応するのです。

私自身の経験では、自分の至らない点に気づくことが問題解決の糸口になりました。

私も幼稚な部分が沢山あり、師匠に指摘していただいて、自分を成長させてきた結果、少しずつ家族問題が改善したので、自分が意識できていないエゴを自覚することは大事だと思います。

「自分の都合」に親を合わせることはできません。人に依存して振り回されるのは自分の責任ですから、一方的に批判できる立場ではないでしょう。

あなたの仕事は周囲の人を変えることではなく、自分を成長させること。あなたが求めるものは、あなたが自立して、謙虚になった時にはじめて得られます。

我以外皆我師(われいがい みな わがし)
自分以外の人たちを「先生」にして学びましょう。気づくと癒える、学ぶと解放される。

タイトルとURLをコピーしました