自分にレッテルを貼っていませんか?:HSP、カサンドラ、AC

自分にレッテルを貼っていませんか?:HSP、カサンドラ、AC standfmラジオ&台本
自立コーチ<br>三島
自立コーチ
三島

スピリチュアルコーチング名古屋
登録者に毎日ヒーリングします♪
LINE Twitter Instagram
°˖✧・✧˖°°˖✧・✧˖°°˖✧・✧˖°

ブログ引っ越しました

こちらをクリックする

移転先に行きます

今回は、議論を巻き起こすかもしれないテーマです。

「カサンドラ症候群」に悩む方からご相談を受けたときのお話です。

相談者さんからいろいろとお話を伺うわけですが、「あなたはカサンドラじゃないですよ」と言うと

「いいえ!私はカサンドラです。だって、こんな病気にも、あんな病気にもなりましたし、旦那にこんなことをされて、あんなこともされて…」と話が続きます。

これって、何かおかしいですよね?

カサンドラをやめたくてご相談なさっているはずなのに、私がカサンドラじゃないと伝えた途端に、「カサンドラをやめない理由」を創り出すんです。

もちろん、私としてはこうなることを予想して、意図的に「カサンドラじゃない」と伝えます。この方の問題点が見えているから、あえて否定するんです。

ではなぜ、カサンドラで悩んでいる人が、カサンドラじゃないと言われて喜べないのでしょうか?

それは、”カサンドラ”をアイデンティティにしているからなんです。カサンドラという「概念」と「自分」を一体化しています。

ですから、自分のアイデンティティを失いそうになると、しがみついて「今の自分を変えないために」必死に抵抗します。でも、これでは良くなるものも良くなりません。

厳しい言い方になりますが、究極のところ私たち人間は、自分で「今の自分」を選択しています。どんなにツラい状況であっても、自ら必要としてその状況を選択しているんです。

でもだからといって、その方が悪いわけではなく、HSPやアダルトチルドレンとおっしゃる方にも、同様の事象が起こります。

この方たちが握りしめている「概念/マインド」を私が否定すると、ものすごく抵抗されます。

私は、その概念自体を否定しているのではありません。

むしろ自己理解を深めるためにも、カサンドラやアダルトチルドレン、HSPといった情報を知ることもあっていいと思います。

ただ問題なのが、そういった概念/マインドは、ともすると自分を制限する「枠」「アイデンティティ」になってしまいがちなんです。

よく、人はメリットのあることしかやらないと言いますが、カサンドラやアダルトチルドレンといった概念が、無意識に「心の拠り所」「コンフォートゾーン」になっているでしょう。

どんなに苦しくても今の状況がコンフォートゾーンですから、そこから抜け出すには相当な覚悟とパワーが必要です。

つまり、カサンドラという「概念/マインド」にしがみつくことで、「成長」という「痛み」を避けられると言えます。

私たち人間は変化を恐れていますが、この場合も成長という「変化」を恐れている状態です。

口では「カサンドラで悩んでいる」と言いつつ、心の底ではカサンドラでいることに「安心感」を得ているから、カサンドラを否定されると猛烈に抵抗したくなるのだと私は推測します。

人が成長する時には必ず痛みが伴います。子供のままでいたい「退行欲求」と「成長欲求」が、葛藤しているのではないでしょうか。

いま気づきましたが、変化に対する「不安」や「自分を知ること」「人生の真実に直面すること」は、人間にとって「痛み」なのでしょうね。

このラジオを聞いている方の中にも、カサンドラやHSP、アダルトチルドレンといった概念に当てはまると思っている方がいらっしゃるかもしれません。

本当にその「概念/マインド」がないと、あなたで居られないのでしょうか?

ご自分を縛り付ける「枠」になっていないか、自己対話をしてみてください。

【無料】ヒーリング毎日実施中

LINE Twitter Instagram 登録してね
LINEで匿名相談・お支払いできます♪
お問い合わせはLINE通話/携帯電話で♪
《そのほかの登録特典》
・ブログ更新案内の配信(年に数回)
・割引チケット配信(不定期)

自立コーチ三島

 
■LINE・Twitter登録特典
①ブログ更新情報の通知
②毎日無料ヒーリング
③割引チケット配信(不定期)
LINEは配信専用です
 
■毒親相談.com主宰 三島恵実
(うつ病・毒親サバイバー)
 
野村證券在籍中に20代でうつ病を発症。
 
自殺未遂を繰り返したのち、セラピーに通い、うつ病と毒親(父が発達障害・母が自己愛性人格障害)の問題を克服。
 
2014年「これでよかった。十分だ」という内なる声と共に、圧倒的な至福感が湧き上がる体験をする。
 
その際、「両親が成長と目覚めの協力者」という「人生のしくみ」に気づく。
 
現在、「意識の成長と目覚め」を目的として、苦しみを心の解放につなげる自立コーチングを提供中。
 
オールドソウル(輪廻転生を卒業するたましい)

\ ブログ更新情報を受け取る /
standfmラジオ&台本
\ シェアする /
\ ブログ更新情報を受け取る /
タイトルとURLをコピーしました