与えられた愛にケチをつけて自己憐憫にひたる人:でもでもだって病

与えられた”愛”にケチをつけて自己憐憫にひたる人:でもでもだって病standfmラジオ&台本

与えられた愛にケチを付ける

自立コーチ<br>三島
自立コーチ
三島

毒親相談.com

自立コーチ三島です♪
↓無料・毎日ヒーリング実施中↓
LINE登録する Twitter登録する

相談者さんの中には、ご自分が期待した回答じゃないと

「でも!」

「だって!」

と、自己正当化して聞く耳を持たず、自己憐憫にひたる方もいます。(でもでもだって病)

私の言葉をどう受け取るかはご本人の選択しだいですが、もしかすると、否定的に受けとめているのかもしれません。

人に相談する際の基本的な心構えとして、相手から教わろうとする謙虚な気持ちが大事ではないでしょうか。

都合の悪いことを指摘された時は、エゴで反応するのではなく、「私が相手にそう言わせたんだな」と謙虚に受けとめる。

もしくは、「本気で私のことを考えてくれている」と感謝の気持ちで受けとめることが、自分を幸せにする行動だと思います♪

アドバイスの全部に納得しなくても、ほんの一部でもいいですから「感謝できるポイント」を見つけてみてはいかがでしょうか。

私のコーチングでは必ずメモを取ってもらいます。その時に納得できなくても、時間が経ってから気づくこともありますよ。

攻撃的でプライドが高い人は逆ギレしたり、食って掛かることもありますが、私の言葉を「愛」と受け取るか、「エゴ」と受け取るかはご本人の自由です。

素直に愛を受け取れない “でもでもだって病”

与えられた愛を素直に受け取れないのが、”でもでもだって病” の特徴でしょう。

「こういう愛がほしい!」

「これ以外の愛はいらん!」

と、自分で「条件付きの愛しか受け取らない」と決めているんですよね。

そうなると、受け取れる「愛」も少なくなるので、欠乏感は癒されないでしょう。

与えられた「愛」にケチをつけて、自ら拒絶しておきながら

「だれも私を愛してくれない」

「私かわいそう」

などと、自己憐憫にひたっているうちは「幸せ」に気づけないと私は思います。

もったいない生き方ですよ~。

自己憐憫は「姿を変えた攻撃性」ですからね。

自分を責めているようで周囲を責める「他責思考」です。

人は、心が成長すると、心の傷も癒えます。

「自己憐憫」に浸っていると成長できないので、心も癒えません。

さまざまな「愛」のカタチ

「愛」にはさまざまなカタチがあります。

自分が思うような「愛」のカタチでなかったとしても、一度受け入れてみると、何かが変わるかもしれませんよ☆

何を隠そう、今はこうして偉そうにしゃべっている私も、そのような「反抗期」を経て、これまで成長して来ました^^

誰だって成長はできます。

お金も時間もかかりません。

「自分の反応の仕方」を変えればいいだけです。

私のコーチングでは、年代によってブロック解除するエゴに違いがありますが、多くの20代の方が「プライド」を解除して、スッキリなさっています^^

素直に「認めたくない自分」と向き合える人ほど、幸せになれますよ♪

自立コーチ三島

 
★LINE・Twitter登録特典★
①ブログ更新情報の通知
②毎日無料ヒーリング
③割引チケット配信(不定期)
 
人から[愛]をもらうために、苦しい生き方を続けますか?
 
自分で自分を愛する生き方をお教えします♪
 
★毒親相談.com 三島恵実★
 
野村證券在籍中にうつ病を発症。
 
自殺未遂を繰り返したのち、セラピーに通い、うつ病と毒親(発達障害・自己愛性人格障害)の問題を克服。
 
「これでよかった。十分だ」という声が体内から聞こえると同時に、至福感が湧き上がるエネルギー統合を経て「人生のしくみ」に目覚める。
 
オールドソウル(輪廻転生を卒業するたましい)

\ ブログ更新情報を受け取る /
standfmラジオ&台本
\ ブログ更新情報を受け取る /
スピリチュアルコーチング名古屋
タイトルとURLをコピーしました