親離れ「できない」ではなく「したくない」が本音

親子関係
この記事は約2分で読めます。

< 追記 
自立できない娘
親離れできない娘 など
お子さんの自立でお悩みの場合、

親が
自立できていない事が最大の問題です。
お子さんにどっぷり依存しておきながら
自分の問題を自覚しない親が多すぎます。
以下はご自身の依存性の問題として
お読みください。
親が自立すれば、子供も自立します。
親が
先に自立しない場合は
子供が先に自立するしかありません。

親離れできない

自立できない

このようなことを仰る方が沢山います。

幼児ならともかく、成人した大人が

なぜ自立できないのでしょうか?

なぜ親離れできないのでしょうか?

そもそも「できる・できない」という

能力の問題でしょうか?

答えは簡単です。

本当のところ

「できない」のではありません。

心の奥底で

自立を恐れて拒否しているのです。

つまり、自立「できない」のではなく

自立「したくない」が正直な本音です。

あなたが自立できない理由は

自立するために行動していないから。

なんだかんだと言い訳して

自立しない理由を作り出して

自立を拒否しているから

自立できないのです。

簡単な話ですよ^^

自立したくないのなら

親離れしたくないのなら

どうぞ共依存を続けてください。

その代わり、文句や不満を

他人に垂れ流さないでくださいね。

親には出せない「怒り」を

他人に八つ当たりしている自分に

気づいてくださいね。

自立しないかぎり、

あなたは他人を傷つけます。

そんなことを続けて

自分のためになるのでしょうか?

自分の承認欲求を満たすために

他人を利用するエゴの生き方です。

「思いやり」と「感謝」の心も育ちません。

人から愛を奪う生き方を続けることで

悩みを作り出すエゴを自ら拡大しています。

でも、あなたは

「親が愛してくれないからしょうがない」

と、開き直っているのです。

何かしらメリットがあるから

親に依存しています。

自分にとっての「メリット」が

何なのかをよく思い返してください。

「自立」から逃げても

あなたは幸せになれません。

早く目を覚ましましょう。

あなただけの人生を生きましょう♪

タイトルとURLをコピーしました