生きづらさの原因と本当の自分

親子
この記事は約3分で読めます。

生きづらさの原因と本当の自分

頑固な方ほど「本当の自分」がコワいらしく、「本当の自分」と直面しそうになると、散歩を嫌がる犬のように踏ん張って抵抗します。ここで言う本当の自分とは、「好きな自分」と「嫌いな自分」が統合された自分のことです。

他者から「本当の自分」であることを否定されると、自然な欲求や感情を抑圧するようになり、どんな自分でも受容する「健全な自己愛・たましい」がしぼんで、「歪んだ自己愛・エゴ」が心を支配するようになります。

エゴは、本当の自分を「好きな自分」と「嫌いな自分」に分離して、他者から受け入れてもらえなかった「嫌いな自分」を見て見ぬふりします。

健全な自己愛(たましい)は「本当の自分」であることを求めますが、歪んだ自己愛(エゴ)が「本当の自分」を恐れてこばむ、という葛藤に引き裂かれている状態です。これが人間が苦しむ原因ではないでしょうか。

実際には、恐れ/エゴを乗り越えて「本当の自分」であることを自分に許可することが、自分を愛するということなのです。傷つくリスクを負わないと、自分も他者も愛せません。

あなたもナルシストかもしれない

特にナルシストは、自分の良い面も悪い面も統合した「本当の自分」を拒絶するパワーがすごいです。「私は良い人」「私は正しい」という高すぎる自己評価が、「出来ていない自分」を認めないエゴになっています。

ナルシストは「自分の心」との交流を遮断しており、自分との「繋がり」を感じないことから「健全な自己愛」が不足して、人と「愛」を分かち合うことができなくなります。

自分を変えないと苦しむだけなのですが、自分の内面(嫌いな自分)に触れるくらいなら、他人(外界)に依存してストレスを抱えるほうがマシと思い込んでいるようです。

それくらい自分の内面に意識を向けたくないのでしょう。それでいて、いつも欲求不満でイライラして、周囲に八つ当たりするのですからねぇ。巻き込まれるほうは迷惑ですよ。

本人が内側から「心のドア」を開ける決意をしないかぎり、本質的に問題解決できません。こうしてナルシストさんは、たましいの欲求を拒絶して深い孤独にハマり込みます…。

「本当の自分」で生きるには

本当の自分で生きるには、コワくても自分の中にある「無意識の欲求と感情」「自分の欠点や弱点」「自分を制限している思考パターン」に意識を向ける必要があります。

自分と向き合う苦しさを通して心が解放に向かいます。そして、その苦しみこそ、あなたに必要な”成長痛”なのです。人が成長するときには必ず痛みが伴います。

断捨離にも共通しますが、”対象物”が自分にとって大事(有効な自己防衛策)であればあるほど、手放す決意を待つしかありません。

特に、その人の人生を作ってきた「核となる思考のクセ」は、それまでの”人生基盤”を失うことになるので、抵抗はより大きいです。

私の場合、大きなエゴが外れる際は苦しみましたが、ポコっと”エゴの枠”が外れたら、急に重荷が無くなってスッキリしましたよ~。

黙っていても、潜在意識が「もうこの生き方は不要」と手放したら、自然と顕在意識がキャッチしてエゴと向き合う時が来ます。たましいの宿命ですね。

タイトルとURLをコピーしました