自己肯定感が低い原因は親のせい?

親子
この記事は約2分で読めます。

自己肯定感が低いのは「親のせい」と思っている方へ

親から受けた拒絶体験は、あなたの存在意義を揺るがすほど、心に大きな傷を与えたと思います。とても残酷で、つらい体験だったのは間違いありません。
そういう意味では、あなたの自己肯定感を高める育て方ができなかったのは親の責任と言えます。

でも、親への怒りに執着して、大人になった今も、自立(偏った自己愛を克服)することなく、自分の人生を生きていないのはもったいないことです。

あなたの人生は、あなたの意思で変えることができるのに。

ですので厳しいようですが、自己肯定感が低い真の原因は、あなたの中にあると私は考えます。

親は問題のキッカケであって、「子供の立場」に執着して成長しなかったのは「あなた」です。

実際、「親が悪いんです!」とエゴ(不安)にしがみついて、自分でできる事に気づこうともせず、エゴを悪化させる方も少なくありません。

その一方で自立(偏った自己愛の克服)を選択し、苦しみながらも葛藤と向き合い、自分のエゴに気づいた方は、「そういうことか」と人生を受け入れられています。

エゴとは、怒り・愛情欲求・劣等感・欠乏感・頑固・依存・執着など「マイナスの思考感情」のこと。

自己防衛意識のため、エゴが強くなると素直に自分と向き合えず、「親のせい」にしがちです。

今すぐ気づけなくてもいいのですが、課題を後回しにすると余計に苦しむので注意が必要ではあります。

誰でも転換期(30歳前後~40歳前後)にエゴを落とす体験をしますが、私が相談を受けた40代以上の方は、転換期でエゴに執着してしまい、問題を悪化させて苦しんでいました。

どんな感情も人間にとっては必要です。

でも、感情に振り回されてばかりでエゴを克服しないのは、自分を愛していないのと同じだと気づきましょう。

自己肯定感が低い原因は、自分を否定して、愛せていないことが最大の原因。

エゴ(自分の弱さ)を認められないから、他人に認めて欲しくなるのですよ。

実のところ、他人がいくら認めても自分が納得しなければ、承認欲求や愛情欲求は満足しません。

自分の中の「マイナスの感情」を認められないから、自分が無いのです。

自分が人生を選択していることに気づきましょう。

弱い自分、ズルい自分など、あらゆる自己を肯定し続けることで、母の愛よりも【大きな愛】を自分の中に感じられるようになります。

これが【健全な自己愛】を育んで、生まれ持った能力や可能性を発揮する人生につながる【自立した生き方】です。

統合された意識で「本当の自分」を生きましょう!

タイトルとURLをコピーしました