簡単な統合ワーク・バシャール流ブロック解除

スピリチュアル
この記事は約6分で読めます。

統合とは

スピリチュアルカウンセラー並木良和さんによると

統合とは

意識と無意識(顕在意識と潜在意識)を一致させること。

もともと「光」である私たちが、人間を体験する中で抱えた「闇」を光に戻すこと。

つまり、「分離意識/エゴ」を浄化して波動を上げることで、自分が「統合意識/ハイヤーセルフ」であることを思い出す方法です。

あなたの望みが叶わないのは「エゴの望み」だからかもしれません。「エゴの望み」と「たましいの望み」が一致しない時は、エゴを統合すると本当の望みが理解できるでしょう。

意識の統合が進むと「本来の可能性や能力を発揮する人生」になります。ちなみに、エゴはただの無意識なので、忌み嫌う必要はないですよ。

「あの人が~」「この人が~」と、いちいち外側(他者や現実)に反応する生き方は、本当の意味で「生きている」とは言えません。

自分の感情を自分で決める方法が統合ワークです。日ごろ、私たちは「頭」で考えすぎているので、「自分の感覚」に意識を向ける練習をしましょう。自分の内側(感覚)にすべてがあります。

なお、「なんとしても目醒める!」という執着は禁物。期待は抜きにして、「目醒めたい」という純粋な意欲を大切になさってくださいね。

注意1:日常からの学びも大切

日常のすべてを使って統合しましょう。最も簡単な統合ワークは「感謝」です。私のハイヤーセルフいわく、「気づくと癒える 学ぶと解放される」とのこと。

作家の吉川英治は、我以外皆我師(われいがい みな わがし)と表現していますが、自分以外の人を先生にして学ぶと、自ずとエゴは外れます。「謙虚さ」が大事です。

注意2:現実が変わることを期待しない

統合ワークは、物事に対する「意識を変えるワーク」です。「現実を変えるワーク」ではありません。

現実はあとからついてきますから、結果(=現実)に執着するのはNG。現実に反応している時点でまだ統合が必要です。

注意3:楽しみながら統合する

並木さん曰く「真剣に統合」はOK、でも「一生懸命に統合」はNG。「統合しなくちゃ」と、自分に義務を課すのは”眠りのスタンス”です。

不快な感覚が出てきたら「ラッキー」と思うくらいに気楽に統合しましょう。ネガティブな感情に取り巻かれてどうにもならない時は、無理に統合しようとせず、その感情にひたってください。

「さっきの感情を統合しよう」と、自然に思えるようになるまで、心の流れに任せて大丈夫。泣きたい時は我慢せずに泣く。涙は浄化になります。そんな自分もあたたかく受け入れたらOKです。

統合ワーク・ブロック解除の方法は多数ありますから、地道に続けられるやり方を探しましょう。セドナメソッドも統合の一種です。

こひしたふわよの意味

こひしたふわよ(恋慕うわよ)とは、並木さんが提唱する「自分軸」を確認する言葉。ハイヤーセルフと同じ感覚です。

こ:心地好い
ひ:惹かれる
し:しっくりくる、すっきりする
た:楽しい
ふ:腑に落ちる
わ:ワクワクする
よ:喜びを感じる

心地よいか、心地よくないか。心地よくない感覚は、本来の自分ではないので統合する。シンプルです。

間違いやすいポイント

現実をジャッジする《理由付け》に「こひしたふわよ」を使うのはNG。不安感・罪悪感・無価値感など、統合されたがっている「ネガティブな感覚」をあぶりだすために使います。

《 NG例 》
Aさんがいると「しっくりこないから」飲み会に行かない(これは現実=Aさんに反応しているからNG)

《 OK例 》
先に「しっくりこない不快感を統合」して、視点(波動)を上げてから、行く行かないを決める

ワクワクすることをやろうとした際、同時に「不安な感覚」を感じているにもかかわらず、盲目的にワクワクに従うのもNG。統合されるために出てきた「不安感」を統合して、スッキリしてから行動しましょう。

統合ワーク:バイオレットフレイム

チヒロ☆なう2019 ⑦(下に動画あり)で、並木さんがお話しされた「セントジャーメインのバイオレットフレイム」です。

何を手放しているか知らなくても統合されます。バイオレットフレイムだけでアセンションした人も多数いるそうです。

「セントジャーメインのバイオレットフレイムで、私に不要なエネルギーを燃やしてください」と心の中で言って、紫色の炎で全身を包むイメージをする。その後、徐々に金色の光に変容していくイメージをする。

私は2をアレンジして、浄化の滝(黄金シャワー/虹のシャワーなど)を頭からかぶる時もあります。

▼参考動画はコチラ↓
セドナメソッドとバイオレットフレイムの説明があります。

統合ワーク:箱の爆破

① スッキリさせたい「感情」に形や色を付ける(人の場合はそのままでOK)

② 自分から少し離れた場所に箱をイメージ
⇒ その中に①の感情や人を入れる

③ 箱にダイナマイトをしかけて爆破
⇒ 粉々になった金色の粒子をイメージ

④ 粒子に「元に戻れ」と指示
⇒ 自分の頭上に金色の大きな光をイメージ

⑤ ④のエネルギーを深呼吸で頭頂から引き入れ、なじむまで深呼吸

イメージですから、神経質にならなくて大丈夫です。ワークは一度でいい場合もあれば、何度も行う場合もあります。

イヤな相手を爆破してもいいですが、自分の中の「エゴ」に気づいて浄化するほうが、早く解決するでしょう。

自分が自分の人生をつくっていると意識する。誰かに振り回される人生をやめると決めてください。決断することから、すべては始まります。

バシャール:電球のブロック解除

電球を取り換えるバシャールヴァージョンです。潜在意識の書き換えをします。

1. 心地よくない感情/感覚がわきあがったら、今ついている電球を取り外す。

2.「どうなりたいか」を自問して、答えを直感で受け取る。思考を使わない(考えない)のがコツ。

3. 新しい電球を取り付けて、光を浴びながら「なりたい感覚」を感じる。

たったこれだけのことですが、コツコツ続けると数か月で、「これを見たらイラっとしてたけど、今は何とも感じない」という状態になれます。

統合ワークについてセッションを受けられますか?

はい、大丈夫です。これまで長年「精神世界」を学んだ経験から、統合とは何か、なぜ統合するのかなど、「統合」に関する基本的な考え方をお伝えします。

実際、これまでも統合のご質問を受けましたが、基本を理解しないまま統合ワークをなさっている方が少なくない印象です。

脳科学の視点から考えても、本人が「なぜそれをやるのか」を意識できていないと効果を得にくいので、理解を伴わずにワークするのはもったいないと思います。

ただし、並木さんの統合ワークについて詳しく知りたいとお考えでしたら、私よりも適任者がいらっしゃるでしょう。もしくは、並木さんのセミナーに参加なさることをお勧めします。

私が並木さんの統合ワークで知っている知識は、並木さんのご著書・youtube・DVD、ハワイフェス(オンライン)で学んだことですから、あなたと同程度だと思いますよ☆

ご検討いただいたうえで、私の話を聞いてみたいと思われましたら、いつでもご連絡ください♪

統合がうまくできない方へ

「現実逃避」「自分に無関心」「感情を感じないように生きてきた方」は、統合ワークを一旦お休みして、「現実と向き合う」「自分の感情を認識する」ことから始めましょう。

たましい=感覚です。これまで生きてくる中で、自分の感覚を使ってこなかった方は、感覚を取り戻すことが先決。恐らく、幼少期の親子関係が起因して、感覚を閉ざしてしまったのだと思います。

でも今は、自分の感覚を閉ざさないと生きられない環境ではないはず。もっと自由に感じることを自分に許可しましょう。それが癒し(ヒーリング)の仕組みなんですよ~。統合ワークもヒーリングですからね。

「統合」にはさまざまな方法がありますから、まずは徹底的に自己理解を深める統合を行ったほうが、スムーズです。自己対話(内観)をして、ご自分に「どう生きたいか」を問いかけてください♪

どうしても統合ができない方は、ご相談くださいね。

タイトルとURLをコピーしました