「自己否定の正体」と「本物の癒やし」

「自己否定の正体」と「本物の癒やし」standfmラジオ&台本

自己否定というと、「怒り」や「悲しみ」などのネガティブな感情を思い浮かべるかもしれません。

もちろん、そういった感情もケアが必要ですが、私がアプローチする「自己否定」とは、「無意識の領域」に葬(ほうむ)り去った不都合な自分(隠したい欠点)のことを指します。

人に受け入れてもらえないと判断して切り離した「自分の一部」、つまり隠された自分(シャドウセルフ)に意識の光を照らす作業が「本物の癒やし」です。

私たちは日常的に「この自分はOKだけど、この自分はOKじゃない」と、自分を罰しています。

私のコーチングセラピーでは、親子や夫婦のご相談が多いのですが、相談者さんの被害者意識が強い場合は、ご自身で問題を解決することができません。

そのため、被害者意識から当事者意識に意識を転換させる目的で、あえて「不都合な自分/シャドウセルフ」と向き合ってもらいます。

誰かに「愛」を与えてもらえないのであれば、自分の中にある愛(=健全な自己愛)を育てよう、というのが私の方針です。

自分の中に愛が育っていないと、エゴの「色眼鏡」が邪魔して、外側の世界をありのまま受けとめることが難しくなってしまいます。

意地悪な自分
ズルい自分
傷つきたくない自分
損したくない自分
人の悪口を言う自分
人から褒められたい自分

普段「良い人」や「いい子ちゃん」を演じている人ほど、こういった「心の暗闇」を否定して認めようとしませんが、「意地悪な自分」も大事な自分の一部なんですよ ^^

「この自分は良いけど、この自分は良くない」という自分への評価をやめて、自分の好きな所も嫌いな所も丸ごと受け入れる「自己受容」ができて来ると、人からの評価が不要になります。

「良い悪い」という評価を外して、あらゆる自分をごまかさずに、一つ一つ、本当の意味で認めることが自分を愛することだと、私は考えています。

統合コーチ三島

 
★LINE・Twitter登録特典★
①ブログ更新情報の通知
②毎日無料ヒーリング
③割引チケット配信(不定期)
 
人から[愛]をもらうために、苦しい生き方を続けますか?
 
自分で自分を愛する生き方をお教えします♪
 
★毒親相談.com 三島恵実★
 
野村證券在籍中に20代でうつ病を発症。
 
自殺未遂を繰り返したのち、セラピーに通い、うつ病と毒親(発達障害・自己愛性人格障害)の問題を克服。
 
「これでよかった。十分だ」という声が体内から聞こえると同時に、至福感が湧き上がるエネルギー統合を経て「人生のしくみ」に目覚める。
 
オールドソウル(輪廻転生を卒業するたましい)

\ ブログ更新情報を受け取る /
standfmラジオ&台本
\ ブログ更新情報を受け取る /
スピリチュアルコーチング名古屋
タイトルとURLをコピーしました