幸せになる「現実」の使い方:ラジオstandfmの音声です♪

ラジオ音声&台本
この記事は約2分で読めます。

アプリをダウンロードしなくても、パソコン・スマホで聞くことができます。

実はずいぶん前から、ボイスメッセージみたいな機能を使いたい…と思い続けていました。そこでこの度、stand.fmというアプリを使ってラジオ番組を作成することにしたのです♪

以下は第一回放送分の台本です。

はじめまして、自立コーチ三島です。私は名古屋で自立コーチングセラピーをしています。

ブログにもいろいろと記載していますが、うつ病とアダルトチルドレンを克服した経験から、人生では必要な時に必要な事が起こると学びました。

そこで本日は、「現実の使い方」についてお話ししたいと思います。

スピリチュアルな世界で「現実は自分の心を映し出す鏡」とよく聞きますが、私は「自分を知るツール」「自分を知る材料」として客観的に現実を捉えています。

私たちが現実を創り出す側ですから、起こる現実に一喜一憂しても仕方がないとも言えるのです。

では、なぜそのような現実を創ったかというと、私たちは体験を通して気づきたい事があるのです。気づきを得るために、ありとあらゆる体験を創り出している。

ですから、現実にただ反応するだけではなく、「この体験、この現実から何を学びたいのか?」という視点を持つほうが、幸せになれると私は思います。

体験自体に「良い」も「悪い」もないですから、たとえば「結婚は良いことだけど、離婚は悪いこと」という価値観も、たましいにはありません。ただ体験をしに来ているだけ。

一番おススメしないのは「安心・安全・無難な人生」です。無難を目指すと、自分のたましいが必要としている体験が得られなくなるので、人生が頭打ちになってしまいます。

無難な人生を目指すくらいなら、「どんな体験でもどんと来い!」という感じで、体験を積み上げていくほうが、満足のいく人生になると思います。

タイトルとURLをコピーしました