コーチングセラピーとは

セラピーについて
この記事は約6分で読めます。

私のポリシー

あなたが価値観・人生観を変える覚悟をしなければ、誰に相談しても結果は同じです。 なぜなら、あなたを変えるのは、あなたにしかできないことだから。 私が直接的にブロック解除したり、あなたを変えるのではありません。ご留意くださいね。

ただし、余裕があるうちは何も変えられません。人生のどん底を経験した時に、初めて「自分が変わらなきゃ何も変わらない」という意識の転換が起こります。

自立(意識統合)に必要なこと

●自己解決力の向上
●自己治癒力の活性化
●自己対話(内観)の習慣化
●無意識の意識化(意識の統合)

親子や夫婦で共依存になっている方は、「親/子供/パートナーに嫌われて損したくない」というエゴが強くなっています。つまり「孤独感」の克服こそが一番の課題です。

共依存のメリットと引き換えに少しずつ「不満と怒り」が溜まっているので、良いとこ取りをあきらめるしか解決方法はありません。

あなたの中に「すべて」そなわっています。眠っている「自己治癒力」「自己解決力」を活性化させて、自分の人生を生きましょう。

このような方を想定しています

●損をしても自立して自由に生きたい
●人に振り回される生き方を変えたい
●現実に一喜一憂する生き方を変えたい
●人に嫌われても本当の自分で生きたい

以前はカウンセリングをしていましたが、ご相談を受けるなかで、過去に問題があるのではなく、現実を見たくないから過去にしがみついている方が多いことに気づきました。

アドラー心理学で言われるように、人は「無意識の目的」に従っていると、つくづく実感したため、現在では「いま向き合うべき課題」を重視したコーチングをしています。

自立(意識統合)に必要なこと

●言い訳しない
●自分で考える
●自分の力で生きる覚悟
●自分の人生に100%責任を持つ
●良いとこ取りをあきらめる
●共依存のメリットをあきらめる

エゴに気づいて自分を癒すのは、子供時代の自分に対する愛と責任。誰かが愛を与えてくれないのなら、自分の中にある「愛」を大きく育てましょう。

自分を愛する=自分を理解する
ということです。

なお、分離不安が原因の共依存(引きこもり等)は、親が子供に依存していることが、そもそもの原因です。子供を強制的に放り出しても解決しないことを、親御さんは肝に銘じてください。

親子問題を解決したい方へ

あなたは現実から目をそらすために、母親にしがみついています。「親と仲良くしたい」という発想自体が「共依存」です。

親があなたを支配できないのと同様に、あなたも親を支配できません。中途半端な関係を続けるかぎり、自分で悩みを作り続けます。自業自得です。

親の悪口を言いつつ、「どうやったら親を利用できるか」という身勝手な相談をする人もいますが、あなたが親離れしなければ、親と仲良くできないことをご理解ください。

いつまでも成長することなく、コドモのままでいたい人は、あなたも未来の”毒親”です。親に甘える前提で人生設計している方はお断りします。

どちらを選択しますか?

他人を満足させる人生(他人軸)
自分を満足させる人生(自分軸)

私は、自分の力(自分軸)で生きることを目的としたコーチングを提供しています。必要があれば人に頼ることも大事ですが、まずは「自力を使う」ことを基準にしてください。

なぜなら、他力(他人軸)を使っているかぎり、不満と不安が無くならないからです。親や他人に嫌われたくない人は、自立(意識の統合)ができないため私ではお役に立てません。

私のコーチングの特徴

真の問題を解明
私は”隠されたものを明るみに出す個性”が強く、潜在意識に抑圧した「避けてきた課題、本当に求めていること」が分かります。(声の波動を取るので相談者以外のことは分かりません)

エゴを統合して人生の流れを改善
潜在意識を刺激して気づき(エゴの統合)を促します。あなたが素直に心を開くことが前提条件です。

自分でできるワークを伝授
必要に応じて、簡単なワークをお教えします。

ヒーリングで軌道修正
私が持つ3倍速で成長するエネルギーでヒーリングしながらお話を伺い、自己実現(本来の可能性と能力の発揮)を早めます。

メモによるヒーリング効果
必ずメモをお取りください。何度も読み返していただくとヒーリング(浄化)効果があり、今すぐ受け入れられない言葉も、時間が経つと納得できるようになります。

コーチングの流れ

1)説明
コーチングに関するご質問があればお答えします。リラックスしていただくため、お申込みの経緯も簡単に伺います。心を開いて、ざっくばらんにお話しください。

2)状況把握と回答
解決したい事を具体的にお話しください。「いま向き合うべき課題」を明確にして、自己理解とエゴの統合を促します。素直な方ほど「癒し」が進むので、今までの価値観を変えると決めてからご依頼くださいね☆

留意点

心理療法とは協力の訓練であり、協力の実験である(アドラー)

◆当方は占いのような受け身の相談方法ではなく、ご自分の力を使って「内省・決断・成長」する相談方法です。地道な努力を要します。

◆ご本人の潜在意識が問題解決するか否かを決めています。

うつ病の方は、①言葉で「本音」を表現する、②こだわり・頑固さを改めると、病気で自己表現する必要がなくなります。①②を訓練するため月2~3回60分程度の定期的な相談が効果的です。病気もエゴも悪者ではありません。必要として病気になっていることをご理解ください。(うつ病以外の精神疾患がある方はお受けできません
現在、精神疾患がある方の受付を休止しています。

◆正直にお話しくださると、早く「核心」にたどり着けます。精神疾患の病歴や既婚者との恋愛などの重要な情報も、先にお話しくださると、より的確な助言につながります。

私は中立の立場です。「共感・励まし」はしますが、「同調・慰め」はしないことをご理解ください。私が突き放すようなことを言ったとしても、あなたを見放すことはありません。私たちは皆、同じ方向に向かっている仲間だと思っています。

基本理念

「心を安定させる方法」は①~⑩まで最初からやろうとせず、できる項目を増やすのがコツ。感情を感じることは大事ですが、その感情を適切に表現するには「事実だけを認識」する必要があります。悩むフリをして現実逃避しないように。

《 心を安定させる方法 》
①自分の人生に責任・主体性を持つ

②人のせいにしない、言い訳しない

③現実と直面する、不安を受け入れる

④感情と事実を分けて認識する

⑤「思いやり」と「感謝の心」を持つ

⑥感情が動いたら統合する

⑦安心安全を人生の第一目標にしない

⑧人や経験から学び、傷つきながら身の程を知る

⑨過剰な要求・期待をしていないか自己分析する

⑩幸せになる行動(例:親離れ/子離れ、別居/離婚)をする

※注意点※
自分を責めたり、感情を否定しないこと。心がけは目安であって「こうじゃなきゃダメ」ということではありません。

《 ゲシュタルトの祈り 》

私は私の人生を生きる

あなたはあなたの人生を生きる

私はあなたの期待に応えるために存在していない

あなたも私の期待に応えるために存在していない

私は私 あなたはあなた

縁あってお互いを見つけ出せたら素敵だけど

そうならなくても、それはそれで素敵なこと

タイトルとURLをコピーしました