スピリチュアルで「現実」を変えようとしていませんか?:目覚めのメッセージ12

Instagramのリール動画

スピリチュアルに生きる目的

自立コーチ<br>三島
自立コーチ
三島

スピリチュアルコーチング名古屋

自立コーチ三島です♪
登録者に毎日ヒーリングします
LINE Twitter Instagram

スピリチュアルで「現実」を変えようとしていませんか?

現実(=ドラマ)をつかむと、スピリットから離れます。

不足感の原因となっている「自己否定」に気づきましょう。

あなたの道が開かれることをお祈り申し上げます。

私が知っている「スピリチュアル」と、相談者さんが知っている「スピリチュアル」に相違があると、最近つくづく思います。

どちらが正解という話でもないので、「違いがあるんだなぁ」で済ませることもできますが、人間的・霊的成長をサポートする私としては、一言申し上げたいことがあります。

それは・・・

スピリチュアルで「現実」を変えようとしていませんか?」ということ。

私が初めて精神世界に触れた20年前は、インターネット上でも、今ほど情報が溢れていませんでした。

インターネットが普及するにつれて、スピリチュアル情報の発信者も増え、玉石混交になったと思います。

おそらく3~4年前からyoutubeで

「これをやれば大金が入る!」

「○月○日までにこれをやって!」

「○月○日は要注意!」

「○○をやれば、こうなる!」

「これをやった人だけ助かる!」

「現実を変えるには○○をやれ!」

あおるサムネが目に付くようになりました。

これぜ~んぶエゴに訴えかける内容なんですよね。

エゴが喜ぶ
エゴが満たされる内容です。

そうではないんですよ。

本来のスピリチュアルな使命とは
誰かから与えられるものではありません。

自分の命を自分で磨く
自分の命を自分で愛する
自分の命を自分で育てる

このような「命が喜ぶ体験」をすることです。

ですから、そういった煽るサムネを見かけるたびに、スピリチュアルの目的が私とは違うのかなぁと、疑問に感じていました。

人それぞれですから、スピリチュアルの目的も違っていいのですけどね(でも、エゴを喜ばせるのはスピリチュアルじゃないから逆走だよね…)

私の場合、スピリチュアルに生きる目的は『個人の私』という『エゴ/恐れ』から目覚めることです。

一気に目覚める人は少ないらしいので、目覚め続けると言ったほうが正確かもしれません。

目覚めとは「世界は分離している」「自分と他人がいる」という勘違いに気づくことです。

エゴにとっては自分で自分を放棄する自殺行為ですから、コワいのも当然と言えば当然。

ちなみに「現実(幻想世界)」を変える「引き寄せ」という言葉にも違和感があります…。

何もしなくても、つねに必要なことは起こっていますから。

もしもエゴに都合の悪いことが起こるのであれば、エゴ/恐れに意識を向けることで現実も変わってくるでしょう。

現実(スクリーン)をコントロールするのではなく、現実を映し出しているフィルム(エゴ/恐れ)に意識を向けてくださいね。

「情報」を「消費」していませんか?

相談者さんの中には、ネットで得た「スピリチュアル情報や知識」をベースに「現実」を判断している方がすごく多いです。

現実(幻想世界)をつかんでいます。

「これはスピリチュアルな意味があるのかな?」

「私たちはツインレイに違いない!」

「これは宇宙のお試しね!」

「ぞろ目はメッセージね!」

などなど

起こった出来事に「思考(自己都合の願望)」で「解釈」をくっつけています。

スピリチュアルなのだから「スピリット」の出番なのにねぇ。

なぜ「思考(エゴ/恐れ)」を使うのでしょうか?

なかには

「私もスピリチュアルやってるんで~」

と、自信満々におっしゃる方もいます。

でもよくよくお話を伺うと、ネットにある「情報」を「消費」しているだけなんですよ。

「体験からの学び」と違い、簡単に手に入る情報は「血肉」にならないから、次から次へとエゴが「情報」を求めてしまうのでしょう。

「スピリチュアルな知識」を「生き方に落とし込むことが、スピリチュアルに生きるということではないでしょうか。

スピリチュアルな知識を「現実(幻想世界)」に当てはめて、あれこれ判断することは、スピリチュアルに生きるとは言えないと、個人的には思います…。

エゴの特徴

エゴは「求めること」をやめない

実は私も4~5年前にyoutubeで並木さんを知ってから、並木さんからの情報を参考にしていた時期があります。

ところがある日、「未来に期待していないか?」と、自分に疑問を持ったのです。

「いつかラクになる」と未来に期待している自分に気づいたので、その日以来、公式youtubeだけを参考にするようにしました。

それでも、ストーリーにからめとられないように、未来に関する情報は「ふ~ん」で終わらせて、戒めになるお言葉だけ参考にしています。

また、これもよくある誤解ですが、「ヒーラー養成講座に通いました。でも何もやっていません」と、おっしゃる方…。

ネット情報よりはマシかもしれませんが、体験からの学びが伴っていないと「知識が増えただけ」になってしまいます。

「養成講座」は、自分の問題を解決した人が「知識や技術を学ぶ目的」で行くところであって、「自分の問題を解決する目的」で行くところではありません。

でも実際には、自分の問題を解決する目的で、そういった養成講座に来ている方がいらっしゃいますね。(特に産業カウンセラー養成講座は…)

自分の問題が解決していない方は、セラピーやカウンセリング等を利用しましょう。

宇宙は私に何をやってほしいの?

スピリチュアルに洗脳された相談者さんは

宇宙は私に何をやってほしいのだろう?

と、おっしゃったりするのですが

三島としては

今すでに、それをやっていますよ

これまでもやってきました😊」

と申し上げるしかありません。

そもそも、それをしゃべっているのがエゴの声です。

夢を壊すようで申し訳ないのですが…

「今」ではない「未来」に期待する方は、「今」に抵抗しているのではないでしょうか。

「自分」ではない「外側」に期待する方も、「今の自分」を否定しています。

不満だらけの「今の自分」を受け入れたくないから、「自分には “特別な役割” があるに違いない!」と、幻想でしかない「未来の自分」に期待するのだと思います。

いやむしろ、「幻想の未来」に期待することで「崩れやすい自我」を支えているのでしょう。

本当は、見て見ぬふりをしている「エゴ/恐れ」を認めるとラクになれるのですけどね。

ただ私も、並木さんの情報に期待していた理由が、「今に対する不満」でしたので、お気持ちはなんとなく理解できるんですよ。

私は10年前に

「気づくと癒える、学ぶと解放される」

「人生は完璧に仕組まれている」

「必要なときに必要なことが起こる

と、気づきを得たのですが、それでもエゴに巻き込まれると、すっかり忘れてしまいます。

大事なことは「現実というスクリーン」から一歩引いて、「エゴ」に気づけるようになっておくことですね。

実際には

あなたが求めている「それ」ですよ。

もうすでにあなたが「それそのもの」です。

外側を探しても見つからないのは当たり前🥺

メガネをかけたままメガネを探しているんです。

毒親相談.com 三島恵実

毎日ヒーリング実施中!

LINE Twitter Instagram 登録してね

自立コーチ三島

 
■LINE・Twitter登録特典
①ブログ更新情報の通知
②毎日無料ヒーリング
③割引チケット配信(不定期)
LINEは配信専用です
 
■毒親相談.com主宰 三島恵実
(うつ病・毒親サバイバー)
 
野村證券在籍中に20代でうつ病を発症。
 
自殺未遂を繰り返したのち、セラピーに通い、うつ病と毒親(父が発達障害・母が自己愛性人格障害)の問題を克服。
 
2014年「これでよかった。十分だ」という内なる声と共に、圧倒的な至福感が湧き上がる体験をする。
 
その際、「両親が成長と目覚めの協力者」という「人生のしくみ」に気づく。
 
現在、「意識の成長と目覚め」を目的として、苦しみを心の解放につなげる自立コーチングを提供中。
 
オールドソウル(輪廻転生を卒業するたましい)

\ ブログ更新情報を受け取る /
Instagramのリール動画
\ シェアする /
\ ブログ更新情報を受け取る /
スピリチュアルコーチング名古屋
タイトルとURLをコピーしました