カサンドラ症候群とアダルトチルドレンの共通点

夫婦・恋愛

スピリチュアルコーチング名古屋
自立コーチ三島です(*’▽’)

母親が自己愛性人格障害、父親が発達障害という環境で育ち、私もある意味ではカサンドラでした。

苦しみの原因は「執着」
執着する原因は「不安」
です。

「不安の原因」を知れば「苦しみ」から解放されます。

耳が痛くなるようなメッセージも書きますが、うつ病と毒親問題を克服した私からの応援と思っていただけることを願います。

本気で自立したい方のお役に立てれば幸いです♪

自立コーチ<br>三島
自立コーチ
三島

スピリチュアルコーチング名古屋
登録者に毎日ヒーリングします♪
LINE Twitter Instagram
°˖✧・✧˖°°˖✧・✧˖°°˖✧・✧˖°

ブログ引っ越しました

こちらをクリックする

移転先に行きます

カサンドラ症候群とアダルトチルドレンの共通点

カサンドラ症候群で相談する方は、アダルトチルドレンと同じく「共依存」と「攻撃性」の問題を抱えている方が多いです。

ただ、ご本人はご自身の問題(攻撃性・支配欲求・承認欲求の強さ)を自覚できていないため、ご相談を受けても私の話に納得する方は、今のところいらっしゃいません。

なぜ攻撃性・支配欲求・承認欲求が強くなるかというと、自分に自信が無い「自己肯定感」の低さが原因です。

なぜ自己肯定感が低いかというと、「認知のゆがみ」と「自己否定」が原因です。(すべての人に「認知のゆがみ」と「自己否定」はあります)

自分に都合のいいことを言ってくれるカウンセラーを探して、ジプシーされている方が多いのもアダルトチルドレンとの共通点。カウンセラーとの「ケンカ別れ」や「相談拒否」もあるようです。

私自身の経験でも、厳しいことを伝えたら、逆ギレされて、去っていくクライエントさんが何人かいましたねぇ…。

自分に問題があるとは考えず、他人(パートナーやカウンセラー)に問題があると考える傾向が強いのだと思います。傷ついているから、ある程度は仕方ないのですが「自己防衛反応」ですね。

私も、発達障害と自己愛性人格障害の両親から虐待を受けたので、「自分が被害者に決まってる!」「自分は悪くない!」と思う気持ちはよく分かります。

でも、「自分の思い通りにしたい!」というエゴが強い状態ですと、解決までに時間がかかるでしょう。(ご本人が聞く耳を持たない)

カサンドラ症候群の方が幸せになるには、「本人の経済的・精神的自立」が何よりも大事ではないでしょうか。

実際に「DVを受けているけど、働きたくないから夫と仲良くしたい。離婚したくない」と、仰った方もいます。この方の潜在意識は「解決されると困る」と、訴えかけてきました…。

苦しみの原因である「認知のゆがみ」と「自己否定」に気づいて成長しましょう。

他人があなたを幸せにすることはありません。

あなたを幸せにできるのは「あなただけ」です。

問題を解決する唯一の方法は「成長」です。

あなたが成長すれば問題は解決します

あなたが求めるのは「自分の思い通りになるパートナー」ですか?

それとも「良好な夫婦関係」ですか?

そこが根本原因ですので、今一度お考えください。

「他人」を「心の土台」する不安定な人生を続けますか?

自立(恐れを克服)して「健全な自己愛」を「心の土台」にしてください。

お話を伺っていると「でも、あの人にはこんな良いところがある!」と、現状にしがみついて何も変えようとしません。結局、ご夫婦とも「自立」を避けていると言えます。

自分の問題と向き合うのはコワいかもしれません。でも、自分の人生に疑問を持てるようになった今が、「生き方」を変えるチャンスです。アダルトチルドレンを卒業しましょう。

幸せになる必須条件は「素直さ」です。

素直に自分と向き合える人ほど、簡単に幸せになれます^^

「自分を愛する」の本当の意味

夫側にも重大な問題があるとは思いますが、スピリチュアル視点で言うと、「夫の問題」は「自分の問題」に気づくキッカケにしか過ぎません。(他人=自分だから)

あなたが自分の問題(攻撃性・支配欲・承認欲)に無関心なことが一番の問題です。

思い返してみてください。親から愛情をもらうため、本音を抑圧して、自分に関心を持たないようにしていませんでしたか?

もしそうなら、それは仕方のないことですから、ご自分を責めないでくださいね。ただ、偽りの自分(いい子)で、人に依存して生きてきた結果、自分の問題を大きくしてしまった、とも言えます。

人間関係が壊れる原因は、両方にあります。

なぜ結婚が必要だったのでしょうか?

お互いにメリットがあるから共依存になる」と気づけば、道は開けます。「被害者意識」から「当事者意識」への意識転換が必要です。

心理学の視点で言うと、私たちの心は「子供から大人への人格的成長」を望んでいるため、被害者意識が強い人は自分で自分を苦しめてしまいます。

認めがたい「不都合な自分」や「嫌いな自分」を否定して、自分に愛を与えないことが真の問題ではないでしょうか。

認めたくない「欠点や弱点」も「大事な自分の一部」として認めて許すことが「自分を愛する」ことですよ。自分の「良い面」だけを見ていませんか?

そうやって都合の悪いことは見て見ぬふりをしてきたから、人生からのメッセージとして「困難な状況」を引き起こし、成長する機会を与えられています。

ここで成長しないと、この先もっと苦しくなるでしょう。

孤独を恐れて共依存になる

親子でもカサンドラ状態になるらしいので、もしかすると私もカサンドラに近い状況だったかもしれません。

私の父は発達障害、母が自己愛性人格障害です。二人とも「自己中心的世界観」で生きており、情緒的交流ができなかったので、虐待を受けて育ちました。

その当時、私と似たような境遇の人が周囲にいなかったため、友人に相談しても理解してもらえなかったことを記憶しています。

しかも、私は人の感情に敏感なエンパス(憑依体質・共感体質)ですので、「攻撃的な原始人」のような両親との生活は、いつも命の危険を感じました。

[共感能力]と[反省能力]が欠落している両親からは、「ごめんなさい」と「ありがとう」を聞いたことがありません。本人たちに「人の気持ちが分からない」という自覚もありません。

正直なところ、私の母やカサンドラさんを見ていると、発達障害者と結婚する側にも「心理的問題」や「共感能力の問題」を感じます。

精神疾患や発達障害があると思われる方もそれなりにいますし、結婚する前から何かしら心を病んでいる印象です。

心が健康な人はカサンドラになりません

夫婦の一方に問題があれば、もう片方にも同じ問題があると感じます。「似た者同士」でしか一緒に居られませんから…。

そういった経験から、人間関係が壊れる原因は両方にあると考えるようになりました。

アスペルガー夫もカサンドラ妻も、親が適切に承認欲求を満たさなかったアダルトチルドレンが多く、愛情飢餓の連鎖を感じます。

無意識の必要性で惹かれ合い、孤独から逃れるために共依存関係を築くため、発達障害と愛着障害は切り離せない問題です。

「不満な現実」に執着し続けますか?
「不安」を乗り越えて自立しますか?

あなたの人生です。
じっくり考えましょう(^-^)

自分を理解すると人からも理解される

「誰も理解してくれない!」と、怒りをぶちまけるカサンドラは、「依存心の強さ」が「不満の強さ」に比例していると私は考えます。

「親が毒親なんです!」と、怒りをぶちまけるアダルトチルドレンにも共通する「依存心」です。

幼児的愛情欲求(受け身の願望)が強い「くれない族」は、自分の期待を満たしてくれない相手を攻撃して、自ら孤立を招いているのかもしれません。

また、自分と他人の境界線が確立しておらず、良いか悪いかで考える「白黒思考」、「こうあるべき」と相手に期待/依存する「べき思考」もよく聞きます。

私自身の体験から申し上げますと、周囲に理解者がいないということは、自分も他者を理解できていない可能性があります。

実際、「私は理解してもらって当然だけど、私が周囲を理解する必要はない」と考えるカサンドラもいました。

やはり結婚生活から苦しみが始まったわけではなく、これまでの人間関係や親子関係で、何らかの問題を抱えている方が多いのではないでしょうか。

もし、現状を少しでも改善したいのであれば、他人に理解を求める前に「自分」を深く理解することをお勧めします。

なぜ彼を必要としたのかを思い出してください。答えはそこにあります。

自分の問題を理解して自立する

「自分の問題」と「他者の問題」を切り離して、あなたは「自分の問題」に向き合ってください。

以前、私は6年間うつ病を患い、自殺未遂を繰り返していましたが、両親からは「自分たちには関係ない」と見捨てられて、親を恨んでいました。

でも、その時の悔しさや怒りを「自立」に役立てることができたので、今では両親に感謝しています。親子も夫婦も「鏡の関係」ですので、自分が成長しなければ解決しません。

自分を粗末に扱うのはやめて、本当の意味で自分を大切にしてください。「心理的成長」こそ本物の癒やしです。

「こんな自分はダメ」と、自己否定していませんか? 弱点も「大事な自分の一部」ですよ。

「本来の自分」から切り離して、潜在意識に抑圧した「影の自分」と「つながり」を取り戻しましょう。

置き去りにした自分
無いことにした自分
認められたい自分
愛されたい自分

あらゆる[自分]を許してくださいね。

自分を苦しめる相手にしがみつく根底には「恐れ」があります。

カサンドラさんに共通する恐れは「一人になりたくない」という孤独感です。

この孤独感をしっかり認めて受容できれば、あなたを受容してくれる人との出会いができますよ。

現実は「自作自演」です。自分の無意識が現実に投影されるため、無意識に抑圧した「恐れ・不安」に気づくことをおススメします。

離婚も「自分を大切にする方法」だと思いますが、なぜそのような相手と縁を作ったのかを深く考えて、自分の中で「答え」を見つけないと、同じ問題を繰り返すでしょう。

毎日ヒーリング実施中!

LINE Twitter Instagram 登録してね

自立コーチ三島

 
■LINE・Twitter登録特典
①ブログ更新情報の通知
②毎日無料ヒーリング
③割引チケット配信(不定期)
LINEは配信専用です
 
■毒親相談.com主宰 三島恵実
(うつ病・毒親サバイバー)
 
野村證券在籍中に20代でうつ病を発症。
 
自殺未遂を繰り返したのち、セラピーに通い、うつ病と毒親(父が発達障害・母が自己愛性人格障害)の問題を克服。
 
2014年「これでよかった。十分だ」という内なる声と共に、圧倒的な至福感が湧き上がる体験をする。
 
その際、「両親が成長と目覚めの協力者」という「人生のしくみ」に気づく。
 
現在、「意識の成長と目覚め」を目的として、苦しみを心の解放につなげる自立コーチングを提供中。
 
オールドソウル(輪廻転生を卒業するたましい)

\ ブログ更新情報を受け取る /
夫婦・恋愛
\ シェアする /
\ ブログ更新情報を受け取る /
タイトルとURLをコピーしました