[スピリチュアル]小麦・肉は体に悪い?

小麦・肉は体に悪い 病気

[スピリチュアル]小麦・肉は体に悪い?

自立コーチ<br>三島
自立コーチ
三島

スピリチュアルコーチング名古屋

自立コーチ三島です♪
登録者に毎日ヒーリングします
LINE Twitter Instagram

「小麦が~」とか

「肉食は~」とか

”スピリチュアル”な人が、おっしゃっているのを聞いたことはありませんか?

「小麦や肉は体に悪い」「波動を落とす」という意見に対する私の考えを書きます。

そもそも、スピリチュアルと言いながら「目に見える物質」に原因を見出すのは、本当にスピリチュアルなのでしょうか?

目に見える「モノ」を悪者にするのは、簡単だし、ラクですね。

ただ、私が知る限りでは、病気の成り立ちは複雑です。

単純に食べ物だけではなく、エゴ(思考のかたより、こだわり、怒り、プライドの高さ、頑固さ)、生活環境、生活習慣など、複合的な要因があります。

どんなに栄養価の高い食物を摂取しても、エゴ(不安・恐れ)が強いと、栄養を十分吸収できません。

逆説的ですが、健康でいたいのなら「健康情報を見ない」こと!

この世は逆にできています。

いま握りしめているエゴを解放することで、本当に得たいものが得られるんです。

「思考・心」に意識を向けないのはなぜでしょうか?

目に見える「現実世界」は「自分の心・思考が投影された現象」です。

あるのは「自分の心・思考」だけ。

だから、小麦やお肉を食べても、体験する現実が一人一人違うわけです。

「何を食べるか」も大事ですが、エゴ(思考の偏り)に気づくほうがもっと大事だと思います。

「あれダメ、これダメ」と制限することで、健康が得られると信じているのでしょうけど…。

「極端な思考」はお勧めしません。

「柔軟な思考」が健全だと私は思います♪

何事もほどほどに(^-^)

バランスを学ぶことも、人間的・霊的成長の目的のひとつですからね。

かたよりは「循環」を鈍らせます…。

何を恐れているのか

日本で初めて心療内科を創設された
九大医学部池見教授のお言葉
病気は感謝の原理を知る機会

日本交流分析学会 名誉理事長
杉田教授のお言葉
脳は統合したがっている
統合することで自然治癒力は上がる

一体、何を恐れているのでしょうか?

病気を恐れているのでしょうか?

であれば、病気=悪という思い込みがあるのではないでしょうか?

必ずしも病気=悪ではありません。

病気は「本来の自分からズレたサイン」ですからねぇ。

拒絶するよりも肯定的に受けとめるほうが、人生はラクになりますよ。

私たちは必要な時に必要な体験をします。

人生を信頼するとはそういうことです。

人生に期待するのとは違います。

人生をコントロールするのも違います。

私たちは、あらかじめ決めてきた体験しかしません。

もっと「自分の人生」を信頼してもよいのではないでしょうか。

修行僧を続ける?制限を解放/統合する?

食べて元気になる物を食べたらいいんですよ。

おいしいと感じる物を食べたらいいんです♪

それこそ覚醒者は、カップラーメンも「光」に変えて吸収しちゃうそうですから。

もちろん、自分に制限をかけて、修行したい人は修行すればいいと思います。

私は止めません (^-^)

それぞれが体験したいことを自由に体験しましょう♪

心身の不調がある方は、「食べ物」も大事ですが、「思考」を見直すことをお勧めします。

不調を作り出すエゴ(思い込み、かたよった思考パターン)が、見つかるはずです。

過去、重いうつ病を克服した私としては、エゴが病気を作ると捉えています。

心身ともに健康でいたいのであれば、「あれダメ、これダメ」と制限をかけるよりも、体の反応を意識しましょう。

毎日ヒーリング実施中!

LINE Twitter Instagram 登録してね

自立コーチ三島

 
■LINE・Twitter登録特典
①ブログ更新情報の通知
②毎日無料ヒーリング
③割引チケット配信(不定期)
LINEは配信専用です
 
■毒親相談.com主宰 三島恵実
(うつ病・毒親サバイバー)
 
野村證券在籍中に20代でうつ病を発症。
 
自殺未遂を繰り返したのち、セラピーに通い、うつ病と毒親(父が発達障害・母が自己愛性人格障害)の問題を克服。
 
2014年「これでよかった。十分だ」という内なる声と共に、圧倒的な至福感が湧き上がる体験をする。
 
その際、「両親が成長と目覚めの協力者」という「人生のしくみ」に気づく。
 
現在、「意識の成長と目覚め」を目的として、苦しみを心の解放につなげる自立コーチングを提供中。
 
オールドソウル(輪廻転生を卒業するたましい)

\ ブログ更新情報を受け取る /
病気
\ シェアする /
\ ブログ更新情報を受け取る /
タイトルとURLをコピーしました