人を許すコツ:恨み切らないと許す気になれない

幸せになる方法
この記事は約1分で読めます。

1.許せない人の許し方・心の整理方法にも書きましたが…

許すとは、自立して(健全な自己愛を育んで)相手への期待や要求を取り下げること。

恨みの心理は「相手への依存と執着、つまり甘え」です。

「恨んではいけない」と本音を抑圧するのではなく、むしろ恨んで恨んで恨み切ることが大切です

そのプロセスを経て、ようやく「許そう」という心境になります。

自分が変わろうと思うようになる。これが人間的成長プロセス。

ですから、まだ恨み足りない人が中途半端に「親との関係を修復したい」と思っても、すぐには難しいです。

「良い子」を長年やってきた人も、すぐには親との確執を解消しにくいでしょう。

「本人の意思」で止めない限り、自分の中で決着がついていないものを、セラピーを使ったからといって途中で止められないですから。

本人の準備時間が必要。

タイトルとURLをコピーしました