相手に罪悪感を抱かせて自己防衛するエゴ上司

人間関係・ママ友
この記事は約2分で読めます。

「俺にマネージャーとして力量がないから…」などと、自分を責めるような発言を繰り返す上司はいませんか?

上司に限らず、窮地に立たされたときに「私が悪いの…」と言って、それ以上相手から責められないように自己防衛する人はいませんか?

エゴ(自己防衛・歪んだ自己愛)の強い人がよく言うセリフです。

みずから「自分」を弱者の立場に置くことで、相手を攻撃しています。

こういう人は「怒り」を「弱さ」に変装させるのが上手いんですよ。だまされてはいけません。

自分を責めるふりをして、相手を攻撃する。攻撃性の変装です。

「俺が悪い」
「私が悪いの…」
なんて、心にも思ってないことですから!残念!

あくまで自分の身を守るためのセリフ。

相手に罪悪感を抱かせて自己防衛する作戦です。

あなたが善良であるほど、このような上司に振り回されてしまいます。

こんな人はほっといて、自分の仕事を粛々と続けましょう。

ちなみに、あなたも自立(エゴに気づいて健全な自己愛を育む生き方)できていないのかもしれませんよ…。

解決策としては、ダメ上司が気にならなくなるくらいに「あなたが成長する」ことも大事です。

転職しても同じ問題がつきまとうので、安易な転職はお勧めできませんが、そもそも業務が合っていないなど他の理由があるなら転職も一つの手でしょう。

タイトルとURLをコピーしました