自分の中の「怒り」に気づくとうつ病は回復する

病気
この記事は約2分で読めます。

私はセラピーでうつ病を克服し、現在は援助者として、うつ・躁うつ・パーソナリティ障害・社会性不安障害etcのご相談を受けています。

お話を伺っていて、私自身もそうでしたが「エゴ」が病気を引き起こしているとよく感じます。

エゴは誰にでもある「無意識」で自己愛/自己防衛意識のこと。

幼少期の養育者との不健全なコミュニケーションが原因で、自分の感情を抑圧した結果「不安・思い込み・欠乏感・劣等感・甘え・怒り・心の寂しさ・愛情/承認欲求」など欲求不満を溜め込んでいます。

通常は、20~30代で成長のために「エゴと向き合う出来事」を体験するのですが、40代以降になってもエゴにしがみついて人生を悪化させている方も珍しくありません。

いつも私が思うのは、子供時代に抑圧した感情(エゴ)をもっと大切にしたほうが、人生は良くなるということ。

経験上、①幼少期に出せなかった「怒り」を自分に向けている(新型うつは逆)、②子供の立場にしがみつく「依存」、③遺伝的気質、④葛藤から逃げることで病状を悪化させている、この4つが不調の主因ではないかと考えています。

共通して「怒り・頑固さ・プライドの高さ」を感じますが、ご相談者が自分の中のエゴに気づこうとしないこともしばしばあります。

エゴは「不安/恐れ」から生じるので、どうしても抵抗が出やすいのです。特に、自己愛が強いナルシストは「否認」するので、そこを認めるまでに時間がかかります。

心の中にある「感情や思考」に気づき、本当の意味で認めるとラクになれるのですが…。

まぁ、ここら辺は時間をかけて乗り越えるところだと思います。たまに、セラピーなら一気に良くなると思い込んでいる方もいますが、ご本人がどれだけ素直になれるかで違いは出てきます。

自己肯定感が低いと嘆く前に、心の中の怒り・憎しみ・愛情欲求に気づいて肯定しましょう。 あなたを一番否定しているのは「あなた」です。

自分の本心と向き合うのは少し勇気が要りますが、少しの勇気で人生は開かれます。

タイトルとURLをコピーしました