母親に愛されなかった過去とあなたの価値は無関係

母親に愛されなかった過去とあなたの価値は無関係 毒親・親子
自立コーチ<br>三島
自立コーチ
三島

スピリチュアルコーチング名古屋
登録者に毎日ヒーリングします♪
LINE Twitter Instagram
°˖✧・✧˖°°˖✧・✧˖°°˖✧・✧˖°

ブログ引っ越しました

こちらをクリックする

移転先に行きます

何が起こっているのか

たとえ母親に愛されなかったとしても、あなたの価値とは無関係です。「私は価値が無いから愛されなかった」とは思わないでくださいね。

お母さんは「人を愛せるほど成熟していない」だけで、あなたの価値とは無関係なのです。

もし、あなた以外の兄弟姉妹の誰かを可愛がっているように見えても、実際は「自分に利益を与える子に関心を与える」という利害関係であり、この手の母親は自分以外の誰も愛してはいません。

母親から関心だけでも与えてもらえることは、幼い子供にとって大変大きなことではありますが、「母親を喜ばせる条件付き」ですから「真の愛情」とは別物です…。

こういったケースでは「私の母親は人を愛せない」と真正面から事実を受けとめることが、良いのではないかと私は思います。

この事実を受けとめるだけでも大変苦しいものですが、事実を否定したり抵抗しようとすると、翻弄されてもっと苦しめられることになります。

母親が子供を愛せない理由

母親が子供を愛せない理由はいくつか考えられます。一番考えられるのは、母親自身がアダルトチルドレンということ。

さらに、とても悲しいことですが、世の中には自分以外の人を愛せないナルシスト(自己愛性パーソナリティ障害)もいます。

ナルシストは情緒的交流(心のふれあい)ができません。母親がナルシストの場合、愛情を求めても傷つくだけなのです。

いま私達にできることは、相手の問題に振り回されるのではなく「受け容れる」こと。心に深い傷を抱えている方は、傷を癒しながら改めてご自分の人生を再構築して行きましょう。

私がお勧めしたいのは、葛藤(出せなかった怒り)と向き合うことで母親の愛情を超える【大きな愛】を獲得して、自立(エゴに気づいて健全な自己愛を育む生き方)を体得することです。

思考で「こういう人だから」と諦めるのはエゴ(歪んだ自己愛)ですが、認めたくない「無意識の欲求や感情」と向き合って自立が進むと自然と気にならなくなります

我以外皆我師(われいがい みな わがし)
出会う人や起こる出来事に「良い悪い」の価値を付けるより、すべてを”先生”にして気づきを得ると、エゴを落として成長できます。

自分を傷つけた相手を許せようになることが自立(エゴに気づいて健全な自己愛を育む生き方)ではないでしょうか。

毎日ヒーリング実施中!

LINE Twitter Instagram 登録してね

自立コーチ三島

 
■LINE・Twitter登録特典
①ブログ更新情報の通知
②毎日無料ヒーリング
③割引チケット配信(不定期)
LINEは配信専用です
 
■毒親相談.com主宰 三島恵実
(うつ病・毒親サバイバー)
 
野村證券在籍中に20代でうつ病を発症。
 
自殺未遂を繰り返したのち、セラピーに通い、うつ病と毒親(父が発達障害・母が自己愛性人格障害)の問題を克服。
 
2014年「これでよかった。十分だ」という内なる声と共に、圧倒的な至福感が湧き上がる体験をする。
 
その際、「両親が成長と目覚めの協力者」という「人生のしくみ」に気づく。
 
現在、「意識の成長と目覚め」を目的として、苦しみを心の解放につなげる自立コーチングを提供中。
 
オールドソウル(輪廻転生を卒業するたましい)

\ ブログ更新情報を受け取る /
毒親・親子
\ シェアする /
\ ブログ更新情報を受け取る /
タイトルとURLをコピーしました