ナルシスト母(自己愛性人格障害)の接し方と学び方

自己愛性人格障害
この記事は約4分で読めます。

私の父は発達障害で、母が自己愛性人格障害です。人の気持ちが分からない両親のもとに生まれた私は、人の気持ちが分かり過ぎるエンパス(HSP)のため、ツライことも多々ありました。

たくさんの葛藤を乗り越え、両親を客観的に見ることができるようになった現在は、私と似た境遇の方をサポートしています。

心の回復には段階があり、回復初期は怒りや否認が強いため、人によっては、私の意見は参考にならないかもしれません。いつか参考にしていただければ幸いです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

表面的な接し方で言えば、ナルシストさんは「感謝」に弱いので、日頃から褒めてあげると良いでしょう。ナルシストの心は「強烈な自己否定」で出来ているため、褒められるとうれしいのです。

それから、ナルシストの言うことを真に受けないようにしてください。「ナルシストが見ている現実」と「あなたの現実」が一致しなくても、気にしないこと。

他人の現実に共感できない(分からない)のがナルシストです。自分の世界に陶酔していますから、「酔っ払いの戯言」程度に思っていればOK。真に受けない。

ナルシストは外面が良いので、家族以外からの評判も良いと思いますが、それは偽善者の姿ですから、気にしなくて大丈夫です。あなただけが本当のことを分かっていればOK。

また、自立する前はナルシスト母に甘えたくなる時もあるかもしれませんが、「母親」ではなく「育ての親」くらいに思うとちょうど良いと思います。

心の距離を取る
ことが、相手の感情に巻き込まれないコツです。寂しいですが、「身寄りのない自分を引き取って育ててくれた人」くらいの距離感のほうが、苦しまずに接することができます。

家族なら当たり前のことでも、他人と思えば「有難い」という感謝の気持ちすら出てきますからねぇ。(回復の初期段階なら、そう思えなくても問題ありませんよ)

親ではなく「他人」の距離感で接することができるようになると、あなたの自立も進みますし、親子関係も変わってきます。一般的には、子供が自立すると、親も自立するものです。

ですから、親を恨んで執着するよりも、親を反面教師にして自分を成長させるほうが賢明な生き方だと、私は思います。

なお、親に期待しないようにしてくださいね。「親なんだからこのくらいしてくれたって」と思いたくなることでも、期待は禁物。ガッカリするのがオチですから。

あなたの心が折られてしまうので、子供の期待には絶対に応えない「ひねくれたナルシスト」をまともに相手しちゃダメですよ。

彼/彼女は反面教師の役割として生まれていますから、学ばないと自分が損をしてしまいます。「悪いお手本」として、しっかり学びましょう。

「親が悪くて自分は悪くない」と思い込んでいる方も多いですが、「人は鏡」ですから、親と同じエゴがあなたにもあります。自分のエゴに気づくことで、心も癒えますよ

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「ナルシスト母からの自立」を希望する方でも、精神的・経済的依存が強い方は「覚悟」が足りないようです。

「お金がもらえなくなると困る」とか「愚痴を聞いてもらえなくなる」などの甘えが断ち切れない方が多いです。でも、一時的な不自由と一生の不自由、どちらを選択するかはご本人次第ですよ。

親に文句を言いつつ、ちゃっかり甘えておいて、いざこざが起きた時にだけ「親に傷つけられた!」と訴えるのは、子供のワガママと何が違うのでしょうか?

大人になった今も、子供のように甘えていれば、親からピシャリとやられても文句は言えません。大人のあなたには、自分の力で人生を切り拓く責任と自由がありますから。

あなたは今すぐにでも自由になれます。でも、共依存で苦しむ方から私に伝わってくるのは、「相手が変わることを期待している」という甘えた意識…。

自分で自分を苦しめているという事実に気づきましょう。人生に責任を持つことが自立です。まずは親に頼らず生きるために、自分の力を最大限使う努力をしないと。

あなたが成長すれば、相手の反応と自分の価値が切り離せるので、何を言われても平気になります。あなたに不足しているのは、葛藤を乗り越えて自立する「成長体験」です

子供の立場にしがみつくほど苦しみます。母親と衝突しながら「自分の葛藤」と向き合えば、未熟な母親を大きく包み込むことができるほど大人になれますよ。

私たちが望んでいるのは、親の愛を超える【大きな愛】を自分の中に感じることだと私は思います。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ナルシスト母に悩んでいる方はとても多いのですが、自分にも似たところがないか内省することもすごく大事です。

ご存知のように、ナルシスト母は他者に無関心なため、無視され続けた子供は「愛情不足の欲求不満」のまま大人になります。

つまり、ナルシスト母に育てられた人は、自分も他者の関心や注目を求めるナルシスト傾向が強まる可能性があります。

母親との大きな違いは、近くにダメな大人の”お手本”がいるお陰で、自分の問題に気づかされる(自分のナルシシズムに気付く)機会があることです。

親の問題に気を取られて、自分の問題(自立と成長)を忘れていませんか?ナルシスト2世になっていませんか?

しっかり自分のエゴに対処して、親に振り回されないように成長しましょう♪

タイトルとURLをコピーしました