情に訴える人:共依存の支配欲求

人間関係・ママ友
この記事は約1分で読めます。

大げさなほど情に訴えかける

依頼メールを頂いたことがあります。

依頼文ですから、

「切実な思い」が書かれていますが

大げさなほど情に訴えかける文章は

「不幸な私・かわいそうな私」を

演じているだけなんですよね…。

メールを受け取る相手のことよりも

情に訴えることで自分の思い通りにしたい

という『自分本位の念』を感じずには

いられませんでした…。

相手を思いやる余裕がなかったと

推察できなくもないですが、

『自己陶酔』すら感じるような文面は

読む側を支配しようとする

エゴ・ナルシシズムがにじみ出ています。

エゴが強すぎると純粋性が損なわれ

肝心の「願い」が相手に届かなくなるのです。

自分で「想い」や「願い」を

ブロックしてしまっている状態。

行動の動機がエゴである場合

結果にもエゴが表れるため

相手は純粋性を汲み取れません。

《 追記 》

これを書いたあと、

芥川賞を切望する太宰の手紙を思い出しました

タイトルとURLをコピーしました