マウンティングするママ友の心理:他人は鏡

人間関係・ママ友
この記事は約2分で読めます。

以前、会社勤めしていた際に同僚から、「ママ友さんに対抗されて困る」という話を聞きました。

服装、持ち物、習い事などなど…、事あるごとに対抗心を燃やされるそうです。

マウンティングするママ友ですね。

でも・・・

その同僚も

「私の話を聞いて!」

「人より上になりたい」

というエゴが出てるんですよねぇ。

結構、我が強いところがあります。

頑固なところもありますし、自己主張も強いです。

つまり・・・

人間関係は「無意識の投影」

「鏡」の中の自分を見ているということ

人にされて嫌だなぁと思うことは、自分も同じことを他の人にやっているのかも?

同僚の話を聞いてそう感じました。

マウンティングするママ友の心理も彼女と同じです。

自分は鏡の前に立っているだけで、鏡の中の世界は、自分の内面の映し出し

他人に対して嫌なところを感じたら、自分のエゴが反応しているということ。

自分の心の中に答えはあるのです!

その「答え=エゴ」に気づくだけでも、ヒーリングされますが、エゴを統合するともっと良いでしょう。

統合の方法はこちらをご参照ください。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

誤解が無いように言っておきますが、他人も自分も悪くありません。

自分のエゴ(劣等感・承認欲求・支配欲求)が反応しているだけのこと。

「類は友を呼ぶ」と言いますが、同じエゴ同士が反応すると私は思います。

自分の中に同じエゴがあるから、腹が立つのです。

同じ土俵に乗っていることに気づきましょう。

嫌いな人から、成長の機会をもらえて感謝できますね。

私も気を付けます。

タイトルとURLをコピーしました