過干渉が原因でワガママに育った子に悩む毒親

親子関係
この記事は約2分で読めます。

もう30才を過ぎた娘の恋愛や仕事、人生に口出しするお母さん…。「過干渉」は娘のためではなく、お母さん自身が楽になりたいという「エゴ」です。お母さんの「恐れ」が動機となって、口出ししてしまうのです。

このお母さんは「娘さんを愛せない葛藤」をごまかすために、過干渉になっています。しかも恐いのは、お子さんの「責任感」が育たないこと。何でも親に従って生きてくると、大人になってから、家族や友人、恋人など甘えが出せる関係において、自分の言動に責任を持とうとしない傾向があります。

共生関係(共依存)の中でもこのタイプの場合は、特に依存心が強く、自分で決定することを回避できて、責任を負う必要もなくラクだったのです。共依存の支配される側にも、こうしたメリットがあります。

親のエゴ(歪んだ自己愛)が原因で娘の人生に悪影響を及ぼし、親自身も我が子のワガママに手を焼くという自業自得のジレンマ…。ですが、この場合のワガママはとても自然な抵抗だと私は思います。

では、この親子関係を改善するにはどうしたらいいでしょうか?こうなった原因が「親のエゴ」ですから、正直にご自分の心(葛藤)と向き合わなければなりません。

親自身が子供の頃からずっと心に抑え込んできた「感情」や「欲求」に気づかない限り、自立(エゴに気づいて健全な自己愛を育む生き方)ができず、過干渉は止まらないのです。

自分の内面と向き合って、認めたくない劣等感や欠乏感を認めることで、思考も行動も変化します。要は、親が自己(エゴ)を肯定できていないから、子供に自分のエゴを投影して、自分ではなく相手に問題があると思い込むのです。

親子関係に悩む親御さんは、時間をかけてご自身の葛藤と向き合ってみてはいかがでしょうか?人間に生まれた以上、一人の人間として自立する「学びと成長」は生涯続きます。

タイトルとURLをコピーしました