親としてベストを尽くす

親子関係
この記事は約2分で読めます。

親として、パーフェクトである必要はありません。

ただ・・・

ベストを尽くさないと、のちのち自分で蒔いた種を刈り取る時が来ます。

そして、親としてベストを尽くすには、エゴ(歪んだ自己愛)に向き合って、自己肯定感を高めておく必要があります。

親になる前に「成熟した大人」にならないと人を愛せないのですが、「子供の意識」のまま成長していない方が多い、といつも感じます。

自立しないまま親になったことが、すべての原因です。

親子3世代の問題と仰る方も、結局はご自分の問題です。

ご自分が「子供の意識」のまま何の疑問も持たず、結婚して、子供をもうけたことに、今の悩みの原因が隠れています。

結婚する前に、子供をもうける前に、あなた自身が「大人に成長」する必要があるのですが、それをして来なかった。

だから誰も愛せない。

自分のナルシシズムを克服しないと、誰も愛せないのです。

”自分かわいさ”で行動してきた結果が今。

その現実にしっかりと向き合い、自分のエゴをよく理解すること。

家族問題を解決するには、自分を知ることが大切です。

認めたくないダメな自分

認めたくない意地悪な自分

認めたくない嫉妬する自分

認めたくない嫌いな自分

これらを本当の意味で認めることが、親としてベストを尽くすことなのだろうと思います。

親である前に、謙虚な人間であること。

タイトルとURLをコピーしました