「エゴ」と「自分に一致すること」の違い:真の統合とは

「エゴ」と「自分に一致すること」の違い:真の統合とはスピリチュアル
この記事は約3分で読めます。

今回の動画では「エゴ」と「自分に一致すること」の違いを並木さんが教えてくださっています。(再生ボタンを押すと該当箇所から始まります)

「この仕事は嫌だ」

「家事が面倒くさい」

と思ったら、その感覚を統合します。

そうすると「高い視点(俯瞰)」から物事を眺められるようになります。

それでもまだ「イヤだ」という感覚が残っていれば、また統合します。

これを続けると、最終的には「イヤな事」「イヤな人」が無くなります。

その後に、仕事の件であれば、俯瞰から眺めて「イヤという感覚は無いけど明確にここじゃない」と思ったら、次の職場に移る…というプロセス。

「好きか嫌いか」で判断していると「エゴと一致」している状態ですが、統合(クリアリング・ブロック解除)を続けることで「自分に一致できる」ということですね。

「好きなことをやっていればいい」という話も聞きますし、並木さんも「こひしたふわよ」という自分軸のお話をされていますが…

もしも「イヤ」という感情が出てきたら、すぐに「好きな事」を探すのではなく、イヤな感情を統合(=自分に一致)してから「こひしたふわよ」を探すと良いのでしょう。

自分の中の「抵抗」を認める(統合する)と「本質」に繋がっていく。このポイントを私は理解できていませんでした。

「嫌だな」
「面倒くさい」

私もこれらを統合します!

少し話が変わりますが、ツインレイと関わっていると「面倒くさい」と思う事ばかりです。「な~んで私ばっかりこんな目に遭うんだ」という被害者意識も出てきます…。

同業者にツインレイの相談をしていた際に「面倒くさい」を連発していると、「カルマの解消は面倒くさいものです」とたしなめられました…。

いろいろな感情を統合できるので、ツインレイの存在にはとても感謝しています。

◇ ◇ ◇

最近、「統合ワーク」をyoutubeやネットで学ぶ人が増えているようです。

私は「統合ワーク」を「自己成長ツール」と捉えているのですが、小手先の「テクニック」と捉える方もいるかもしれません。

もったいないことだと思います。

なぜ統合するのか

なぜ統合が必要なのか

理屈であれこれ考える必要はないですが、日ごろの「自己対話・内観」は必要でしょう。

自分を変えたいから
もっとラクに生きたいから
自分らしくなりたいから etc

いま一度、なぜ統合ワークをするのかを考えてみましょう♪

◇ ◇ ◇

私が思うのは・・・

これまで「自己対話・内観」の習慣が無かった人が、テクニックとして「統合」を始めても、正しい方向(=自己成長)に進めないんじゃないかということ。

「統合」とは「無意識の自分」との対話。

「イヤな感情や感覚」が出てきたときに、しっかりと「自分の中にあったもの」と認めることが大事なのだと、最近つくづく思います。

「他人のせい」ではありません。

病気はサイン・たましいの訴え【スピリチュアル】にも書きましたが、他人はあくまで「キッカケ」に過ぎないのです。

不要になったエゴ(自分を制限する思考パターン・マイナスの思い込み)を外すため、他人に「自分の内面」を映し出しているんですよね。

「他人は鏡」とよく言われますが、まさにその通り。

こんな風に、エラそうに語っている私ですが、ときどき感情や現実に巻き込まれています…。

自分の内面から意識が逸れている

ということは

他人に意識が向いている

ということ。

私も精進します!

タイトルとURLをコピーしました