安心リラックスするためにはワガママでいい?

安心リラックスするためにはワガママでいい?スピリチュアル
この記事は約3分で読めます。

自分の本質(たましい)を最大限に発揮するには、「安心・リラックス」が大切です。

では、安心リラックスするためには、ワガママでいいのでしょうか?

これは私の考えですが・・・

エゴから出てくる

自分本位・自己中

命の本質(たましい)から出てくる

自分らしさ・気質

は違います。

もし「ワガママ」が本当の意味での

我がまま=たましいのまま

であれば、調和を体験するでしょう。

その逆に、

我がまま=我欲・エゴのまま

であれば、不調和を体験するでしょう。

 

不調和を体験したときは

たましいの在るがまま

ではなく

我欲・エゴの我がまま

だったということです。

そこで学んでエゴを統合しましょう。

これを繰り返していれば、自然と安心リラックス状態になれます。

 

スピリチュアリストのなかには

ハイヤーセルフと一致して生きるためには、ワガママ・自己中でいい

という表現をされる方もいますが、少し補足が必要かもしれません…。

世の中には自分に厳しい人もいれば、自分に甘い人もいます。

私の両親(発達障害と自己愛性人格障害)は間違いなく後者です。

自分に甘い人は「エゴ」を見直さないと人生は変わりません。

ワガママ放題やってきた方は素直に反省すること。

自分に厳しく生きてきた方は、自分に優しくすることが大事。

でも、エゴが強い方ほど、客観的に自己評価できないと思います。

そういう意味では、自己判断は当てにならないかもしれません。

気性が激しいうちの母は、「私は神経が細くて繊細だから」とか平気で言っちゃいますからね。

まぁ…必要なことを体験するだけですから、自己判断で不調和を体験したら、その時に学べばいいと思います。

 

「本質」とはシンプルなもの。

言葉で表現するのは、そもそもムリなのかもしれません。

とは言え「ワガママでいい」と言い切ってしまうと、人によっては誤解して受け取るかも…。

これは「聞き手の課題」ですね。

この表現をうのみにするか、少し引いたところで受けとめるか。

たましいの成熟度によって、反応が違うと思います。

 

並木良和さんは「統合は愛と調和・敬意と感謝をベースに行うもの」と仰っています。愛と調和・敬意と感謝の有無が、「ワガママ」と「本当の自分」の絶対的な違いです。

▼参考動画
(再生ボタンを押すと該当箇所から始まります)

 

《並木良和さんの別の講演会より抜粋》

いかに自分が「ありのままの自分」で生きるか、「素の自分」「正直な自分」で生きるかがポイントになる。

人の目を気にしたり、ほかの人が自分の事をどう思うか、といった生き方は止める時が来ている。

本当に自分が望んでいるのはどっちか、自分が幸せだと感じるのはどっちか、自分の心の声が正しいと言っているほうを信じてください。

たとえば、「私はこうしたい」という確信がある場合に、周囲から反対されたら、「私にとってこれが大切なのはこういう理由からです」ときちんと説明してください。

「わがまま」と「自分を大切にして生きること」の違いは、自分の思いを周囲に理解してもらえるよう、説明する労力を惜しむかどうか。

「私がやりたいんだから関係ないっ」と言うのはワガママ。

もし、きちんと説明しても理解を得られなかったら、そこを静かに去ってください。これが自分を大切にする生き方です。

▼参考にした講演会動画
(再生ボタンを押すと該当箇所から始まります)

タイトルとURLをコピーしました