病気は「本質・本来の自分」に戻るチャンス

病気
この記事は約2分で読めます。

自分の「本質・たましい」から離れてエゴで生き続けた場合、気づきを起こすキッカケとして「病気」を選ぶことがあります。

病気も目的があって体験する「学び」です。

自分のエネルギーを落とすことで、「気づき」を得て、本質に戻る成長体験なのです。

あぁそれなのに…

表面的な理解で満足する相談者さんがいます。もったいないですねぇ。

私はご本人が求めるものしか提供できないため、自分の心とじっくり向き合わず、対症療法的な答えを求める方は、それ以上の気づきが得られません。

なぜなら、気づきを起こす主体は相談者さんであって、カウンセラーは気づきを起こすサポーターだから。

相談者さんが「このことしか聞きたくありません」「人の意見を聞きません」と決めていれば、その自由意思が尊重されます。

40代以上の方は特にエゴが強くなっているので、ご本人に「自己愛が傷つく覚悟」がない場合、その自己愛を抱えて不安に震えながら生きるしかないでしょう。

エゴが病気を創っているのですが、人間は傲慢な生き物で「不安にしがみつく人生」が心底イヤにならないと、自分を変えようと思わないんですよね…

不安にしがみつくのも自由です。エゴ/ナルシシズムの殻をやぶって、気づきを起こすかどうかは、ご本人が決めること。

ただ・・・

少し想像してみてください。

玉子の中身を使うためには、玉子の殻にヒビを入れる必要があります。

同じように、「本質・たましい」のエネルギーを使って自分らしく生きるには、「本質・たましい」を取り巻くエゴにヒビを入れて殻をやぶる必要があるのです♪

せっかく「病気」という自分に戻るチャンスを作ったのであれば、そのチャンスを活かしてほしいと切に願います。

起こる出来事に良し悪しは無く、人生では必要なときに必要なことが起こりますから。

日本で初めて心療内科を創設された池見先生は、

「病気は感謝の原理を知る機会」

とおっしゃっています。

自分や他者への感謝を忘れて「エゴ」で自分を守っていると、病気という「学びの機会」がやって来るのです。

病気はウェイクアップコール(目覚まし時計)として、あなたにこんなメッセージを送っています。

あなた本来の生き方とは違いますよ!
すぐに軌道修正してください!

「本質・本来の自分」に戻るチャンスを活かしましょう。

タイトルとURLをコピーしました