子育て四訓

親子
この記事は約2分で読めます。

すでにご存じの方も大勢いらっしゃると思います。

私は先ほど知りました~。

元中学校校長の方が提唱されている教訓です。

『子育て四訓』で検索すると見つかります。

乳児はしっかり肌を離すな

幼児は肌を離せ手を離すな

少年は手を離せ目を離すな

青年は目を離せ心を離すな

以上が『子育て四訓』です。

生まれたばかりの頃は、体をしっかり抱きしめて。

成長するにつれて、心をしっかり抱きしめて。

私は精神的に抱きしめられたことがない”精神的捨て子”です。

そんな私にとって、とても胸に響く御言葉。

子供を自立させて社会に送り出すことが親の仕事だと思います。

でも実際には、親子がお互いに執着して問題が生じています。

親に心を抱きしめてもらった体験が無いと、子供は安心して自立できません。

この『子育て四訓』を胸に刻みましょう。

《追記》
子育てがどんなに楽しくても、必ず終わる日が来ます(親の責任はいつまでも続く)。いつかは親元を離れて巣立つ日が来るという「心づもり」は、親子ともに必要でしょう。

そのためにも、幼児期はしっかりと肌を離さず、「親の愛」を体と心で伝えておくことが大切なのだと思います。

人間は言語的コミュニケーションだけでなく、非言語的コミュニケーションもしているため、親に矛盾があれば子供は混乱します(なぜなら、人は人の無意識に反応するから)。

「自己否定」が強い親御さんは、子供に甘えてエゴ(不足感・無価値感)を満たそうとするため、子供に悪影響を及ぼします。

自分の心の中をのぞいてみてください。

あなたが「親の愛」だと思っている行為は、本当に愛情でしょうか?自分がラクになるために行っていることはありませんか?

面倒をみた相手には、いつまでも責任がある
サン・テグジュペリ「星の王子さま」より

タイトルとURLをコピーしました