子どもに謝りたいお父さん/お母さんへ

親子関係
この記事は約2分で読めます。

子どもに謝りたい親御さんは、素直に謝罪の言葉だけを伝えてください。

「自分は悪くない」というエゴ(自己防衛意識)があると、無意識に自己弁護してしまいます。

謝罪の言葉以外のことを言いたいのであれば、謝罪を止めましょう。お子さんに失礼です。

「許してもらいたい」という甘えも謝罪には不適切な感情です。

許すも許さないも相手が決めること。あなたは要求できる立場にありません。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

以前、相談者さんから「娘へのメールを見て欲しい」と頼まれたことがあります。

最初こそ謝罪の言葉が並んでいましたが、途中からは娘さんに理解を求める「自己弁護」になっていました。

これではメールを受け取った娘さんも、「お母さんが謝ってくれた」とは感じられないでしょう。

むしろ、怒りが込みあげて当然です。

謝罪のときは謝罪の言葉だけを伝えて、自分の言いたいことは別の機会に伝える。

そうしないと、本当の意味で謝罪にはなりません。

「理解して欲しい」などと、親が子供に甘えるのはもってのほか。

子供にしてみれば、親の甘えをなぜ自分が受け入れなければいけないのか、と怒りを感じます。

親が子供の甘えを満たすことが先です。

親が子供の感情を受け留めることが先です。

親の役割を果たして来なかったにもかかわらず、この期に及んで「理解して」などと甘えるのは、子供にとって精神的暴力でしかありません。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「大人の人格」に成長する努力をせず、精神的に未熟な「子供の人格」のまま、親になる人がとても多いです。

ご自分の未熟さ・ナルシシズムに気づいてください。

本気でお子さんに謝りたいのであれば、「誰をラクにするための謝罪」なのか、一度お考えになることをお勧めします。

自分がラクになるために、お子さんに謝っていませんか?

そんな言葉は届きません。

タイトルとURLをコピーしました