初詣で改運②〈参拝のお作法〉2019年情報アップデートあり

スピリチュアル
この記事は約2分で読めます。

2017/12/30の記事を再アップですが、2019年情報アップデートあり

お賽銭の作法と同じく、諸説ありますので参考程度にどうぞ☆

* * *

三礼三拍手をして、心の中で以下の文言を言います。

2019年情報アップデート
昨年までは二礼二拍手でしたが、本来の参拝方法「三礼三拍手」で神様とつながれます。

1.住所

2.氏名

3.いつも見守ってくださり、ありがとうございます。今〇〇〇を頑張っています。自分で出来ることは自分でやります。心にお力をお貸しください。

最後に一礼。

* * *

3の文言に決まりはありません。「自分の人生は自分で築きます。お導きください」という信念を示しましょう。

人間が作り出すエゴ=価値判断(善し悪し・好き嫌い・上下・幸不幸etc)の無いエネルギーが「神様」です。

人間が作った「宗教」とは違います。

一番大事なことは、日頃の「心のあり方」です。

神様にお願いごとをする人がいますが、参拝したからといって何かが変わる事もありません。

そもそも、期待や要求する意識はエゴ(歪んだ自己愛・思い込み)そのもの。

自分が得することばかり考えてはいけません。

神様には「誓い」と「お礼」だけを伝えましょう。

自分で努力しなければ、エゴが肥大するので要注意ですよ。

神は「自分の利益よりも、他者の利益を考えられる人」を助けるのです。

もし、ご利益が欲しいのであれば、先に神様のお望みを叶えて差し上げるのが筋です。

では、神様は我々に何を望んでいらっしゃるのでしょうか?

それは・・・

自立(エゴの統合による自己成長)です。

人々が自立(エゴを統合)して、たましいが持つ可能性と能力を発揮することを望んでおられます。

※これは宗教ではなくスピリチュアル的見解です

外部的生きる目的(仕事や結婚の学び)は人それぞれ違いがありますが、内なる生きる目的(エゴの統合)は人類共通の課題

傲慢な心を自省し、思いやりと感謝の心で生きることで、外部的生きる目的(仕事や結婚の学び)を他人に依存せず安全に達成することができます。

自分の至らない点を指摘してくれる人を「神様」と思って大切にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました