私の「統合体験」

スピリチュアル
この記事は約2分で読めます。

私の体験ですが、自立(エゴに気づいて健全な自己愛を育む生き方)を学ぶ体験を深めていくうちに、以下のような変容がありましたので、ご参考までに記します。

私の師匠の厳しくも慈愛に満ちたサポートを受けて心の傷や病気を克服したのち、一人でコツコツと年数をかけて【自分と向き合う体験】を積み重ねていました。

すると、ある日突然「これで良かったんだ」「充分だ」という内なる声と共に、体の中から【満ち足りた感覚】が湧き上がる体験をしました。

何と表現していいか分かりませんが、強い幸福感が自分の内側から湧き上がってきて、すごく驚きました。

それと同時に、あれほど苦しかった人生に納得したり、肯定的に捉えられるようにもなりました

この体験を山登りにたとえると、時には泥だらけになりながら道なき道を彷徨い続け、何度も歩みを止めたくなりましたが、それでも歩み続けた先で目に飛び込んできた景色に「これまでの道のりで合ってたんだ…」と実感する感じでしょうか。

正直なところ、決して格好のいい事や綺麗事では済まされない苦しい時期も多々ありました。

ただ、これがゴールではなくて、今後も人から学び、経験から学ぶ日々は続きます。

自分の問題から逃げずに向き合い続ければ、必ず何かしらの変化があります。怒り・悲しみを含めてどんな感情も、それ自体は悪くありません。

「今の自分」を知る大切な糧です。でも、「自立」を学ぼうともせず感情に任せて生きること、感情に振り回されることには問題があります

「痛み」や「傷つくこと」を恐れて「本当の自分」と向き合うことを先送りしていると、エゴが膨らみ問題が深刻化します。

人の成長には痛みが伴うもの。時には傷つきながら体で理解することで成長していきます。湧き上がる感情を自分の中に落とし込んで統合しましょう。

タイトルとURLをコピーしました