自分の価値は自分で決めている

自分を癒す
この記事は約2分で読めます。

「愛情欲求(承認欲求)が満たされてない」と思っている方は、少なくないと思います。

でも・・・

ご相談を受けるたびに思うのですが、本当に親から認めて欲しいのでしょうか?

なんだか「別の意図」を感じるんです。

もちろん、親の愛情を欲しているのは分かりますが、それだけではない「下心」があるのでは?

冷静に心の奥を覗いてみてください。

別の「思い」が見えてくるかもしれませんよ。

親が認めてくれたら・・・
人が認めてくれたら・・・

「・・・」のところに「問題はすべて解決する」と入れていませんか?

よくある誤解ですが、親や他人に認められても、あなたは満足しません。

正確に言うと、その時は満足した気になるかもしれませんが、いずれまた別の人に「承認欲求を満たしなさい!」と要求します。

私は占い師ではありません。でも近い未来、あなたが同じ問題を繰り返すと容易に想像がつくんです…。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

よ~く考えてほしいのですが、自分の問題を「親や他人」になすりつけて安心していませんか?

自分の評価を他人に任せるということは、自分より他人が信用できるということですよ?

「親や他人が認めてくれない」と文句を言うわりに、その人達にしがみついて依存していることに気づきましょう。

自立(エゴに気づいて健全な自己愛を育む生き方)をしていくと、自己信頼も育まれます。

自分を信頼して生きていれば、他人の評価は気になりません

実際、ご相談を伺っていると、他者承認を求める人ほど自己否定(エゴ)が強いと感じます。

『自分の愛し方』を体験的に学ばなければ、他人とも上手くコミュニケーションできません。

自己否定しているエゴに気づいて、抑圧した感情をひとつひとつ受け入れていくと、他人の承認は必要なくなります!

タイトルとURLをコピーしました