エゴが病気を作る

病気
この記事は約3分で読めます。

善悪問わず「こだわり」は病気を作る

病気の成り立ちは諸説あり、食事や生活習慣が関係するのはご存知のことでしょう。

精神世界ではエゴ=思考の偏り、思い込み、執着(こだわり、怒り、許せない憎しみ、べき思考の頑固さ)、DNAに刻み込まれた先祖代々の思考感情パターンなど、家系的要因が病気に影響すると考えます。

心の病では、母子関係に起因するエゴが大きく影響しています。

一方で、病気を作りにくい性格はというと、素直、謙虚、柔軟、自己肯定感が高い、こだわりが少ない、自分の失敗を笑い飛ばせる前向さ…などが挙げられるでしょう。

また、せっかく栄養価の高い食物を摂取しても、その人の”こだわり”によって吸収率に違いが出るので、偏らない思考が大事です。

健康のための”こだわり”であってもエネルギーの巡りを止めるため、「これ以外はダメ」という極端な思考や頑なさは少ない(あるいは無い)ほうが良いと言えます。

私の師匠から聞いた話では、がんを乗り越えた方は心の底が平らな状態で、思考の偏りが起こっても自動調整する力(自律性)が備わっているそうです。

「判断や力(りき)み」が無く、「自分ができることは、まっとうして行こうという思い」に人生観もシフトするとか。

こだわるか、超越するか

日本で初めて心療内科を創設された九大医学部の池見教授は、【実存的転換】による免疫力向上と、がん細胞の自然退縮を研究されていました。先生は『病気は感謝の原理を知る機会』と仰っています。

自分中心の自我(エゴ)を超えて「自利利他」をふまえた「大いなる自己(セルフ)」という、ユングが唱え始めた考え方があります。

セルフ=全体性。無意識を含む心全体の中心であり、かつ心の外にもあって意識と無意識の調和を図る超越的な存在です。人生の目的やスピリチュアリティ向上においてゴールとなる心のあり方

【二つのセルフ】
◆小さなセルフ=私
◆大きなセルフ=宇宙の分身、人間の心身の治癒の根源、生命エネルギーの源

個人的な〈小さなセルフ〉が宇宙的な〈大きなセルフ〉と調和したとき、人は本当の幸福や健康を得ることができる

これは単なる神頼みではありません。怒りや憎しみなどあらゆる執着心に気づいて手放すことを言っています。自分でできることは自分でやる。その結果は”大きなセルフ”に委ねるということです。

私のご相談者でも効果にこだわる方がいますが、こだわりが強い方ほど病状も重いです。それだけ頑なさが心身に影響するということ。ただ私もそうでしたが、ご本人に自覚はないんですよね…。

効果とは結果への執着ですから、効果にこだわる人も執着しているのです。「今」に意識がなくて、まだ起こってもいない「未来」を求めています。今をおろそかにするから、苦しむのに…。

未来を思考しているのも「今」です。過去にこだわるのも「今」しかできないこと。「今の自分」を謙虚に受けとめましょう。

病気は道筋を理解して受け容れる

病気を作り出す理由は人それぞれ。寿命もあります。人生は自己責任で決めており、必要な時に必要なことが起こるため、必ずしも「病気=悪」ではないことを理解するのも大切だと思います。

私も療養中、自己への執着が病気の原因だと気づき、感情に従って傲慢に生きてきた己の責任を痛感しました。なぜなら病気になるまで、自分を改めるチャンスは何度もあったから。

今では病気は闘うものではなく、そうなるまでの「偏った生き方」を理解して受け容れるものと捉えています。抵抗して闘病してはいけません。自分でも気づかない無意識の自己理解が必要です。

「病気」は、小さな自分への執着を卒業し、器を広げて、より大きな視野で生きる成長および自己実現の機会なのでしょう。

そして、病気を患った本人だけでなく、家族も一緒に自立(エゴに気づいて健全な自己愛を育む生き方)を体験的に学ぶことで、家族全体が成長し、真の幸福を得られます。

《ご留意》
「恐怖心」はよく理解できますが、必要があれば適切な医療を受けましょう。ヒーリングは問題回避のものではなく、人生をより良く生きるためのツールです。”スピリチュアル”に逃げないように。

タイトルとURLをコピーしました