年齢による「恋愛観」の変化

夫婦関係・恋愛関係
この記事は約2分で読めます。

年齢とともにメイクやヘアスタイル、ファッションを変えた方は少なくないと思います。

精神が成熟するにつれ、好みに変化が出てくるのは自然なことです。

では、恋愛スタイル(パートナーシップに求めるもの)の変化に気づいた方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか?

恋愛観も、10代、20代、30代、40代…それぞれ年代で違いがあります。

特に女性にとって、20代と30代の恋愛観はかなり違いがあります。

20代は”惚れた腫れた”のコドモの恋愛です。

30代(特に30代後半)では、「対等なパートナーシップ」を築く大人の恋愛に変化していきます。

しかも、女性側の成熟度によって、恋愛から受け取れるものに違いが出て来ます。

(これは別の機会に書きます)

20代で結婚した方の中には、30代になってからパートナーとの関係に悩みが出てくる方も少なくありません。

一般的に男性のほうが精神発達が遅く、女性が不満に感じることが増えるのでしょう。

「夫婦間にズレが出た」という話をたまに耳にしますが、実際には「元々あったズレ」を見て見ぬ振りして結婚した…と感じます。

結婚が手段から目的になったのがその原因です。

自分が何を求めているのか分からなくなったときは、エゴに流されることなく一度立ち止まって人生を振り返ることも、自分を大切にすることですよ。

 「愛情」と「依存/執着」は別ものです。

タイトルとURLをコピーしました