怒り・恨み・憎しみを大切にしていますか?

人間関係・ママ友
この記事は約1分で読めます。

負の感情(怒り・恨み・憎しみ=エゴの反応)を大切にしていますか?

多くの人は、怒りや憎しみなど、自分に都合の悪い感情を無かったことにする傾向があります。

でも、抑圧された感情は消えて無くなることはなく、傷口は膿んで悪化するだけです。

例えば「怒り」を我慢していると、無意識または意図的に自分や他人を傷つけます。

自分を傷つけるだけならまだしも、他人を傷つけていることに無自覚な人が大半なので厄介です。

自分を愛するとは、適切な時に適切な感情を受け留められること。

シンプルなことに気づかず、苦しんでいる方が本当に多いので気になります。

感情反応は「今の自分」を知る指標ですから、どんな感情も大切なのですよ。

母娘関係で葛藤がある方は、”母の愛”を求めて怒りを感じていると思っているかもしれません。

でも私が感じるかぎりでは、実際に相談者さんが求めるものは、「マイナスの感情があってもいい」と、自分で自分を許す健全な自己愛です。

多くの方が、自分で「等身大の自分」を認められず、それでいて「自己肯定感が低い…」と悩んでいます。

自己肯定感が低い原因は、エゴがある自分を否定している「自分」です。

怒り・恨み・憎しみを無かったことにして、”良い人”を演じていませんか?

自分に優しくなりましょう。

タイトルとURLをコピーしました