自分の人生を人任せにすると裏切られる

夫婦・恋愛
この記事は約2分で読めます。

「自分」を受け身の立場に置いておきながら、相手に文句を言う人がいます。実際のところ、受け身だから文句が出てくるのですが。

これは…彼氏や旦那さんから「面倒な女!」と嫌われる可能性大です。 自分で自分を幸せにする努力をしない人は、人生が上手くいかなくても仕方ありません…。

あなたを幸せにするために生きている人はこの世に存在しないので、自分の人生を他人に任せていることが間違いです。 人に依存していることに気づきましょう。

幼少時から親と共依存で生きてきた人は、大人になっても自立(エゴの克服・独りよがりの自分に気づくこと)ができないと最近よく感じます。

自分から主体的に人生にかかわろうとしていません。「誰かが私を何とかしてくれる」という他人事な感じです。

常に自分を受け身の立場に置いており、セッションでも「何かを学び取ろう」という能動的なエネルギーを感じないのです。

「他人は自分のために動いて当然」「他人は自分に何かをもたらす存在」といった、潜在的な期待・依存心(エゴ)はないでしょうか?

例えば「経済的支援の申し出を信じていたら、突然手のひらを返されて裏切られた」というご相談ですと、突然の出来事に動揺するお気持ちはよく理解できます。

ただ…相手の言葉に甘えて自立してこなかった自分の責任を棚に上げて、ひたすら「約束を破られた!」と自己憐憫に浸ったり、相手を非難しても事実は変わりません。

このように自分に都合よく相手の言葉を信じる「依存心」は、結果的にあなたを傷つけてしまいます。しかも、いつまでも相手にしがみつくから余計に腹が立つのです。

その腹立たしさの正体は自分への怒りですから、私としては、思い通りにならないと分かった瞬間に、頭を切り替えることをお勧めしています。

というのも、「相手を信じるんじゃなかった」という後悔が怒りとなり、自分が悪いことは分かっているけど認めたくないから自己正当化して「相手が悪い」と責める悪循環になるからです。

傲慢な心が不満を言いたくなる原因。人のせいにして責任転嫁する生き方を卒業して、しっかり自立を体得しましょう

ここで学ばないと、同じことを繰り返し体験します。

タイトルとURLをコピーしました