本物の自信は体験から生まれる

ヒーラー・セラピストになりたい方へ
この記事は約2分で読めます。

ヒーラー・セラピスト・カウンセラーになりたい方へ

自分の問題を解決するために他人を利用するヒーラーやセラピストがいます…。

エゴに対処しないまま仕事を始めた結果、他人を巻き込んでエゴを肥大させているなぁ…と感じることがあるんですよねぇ。

そのため私は、ヒーラーやセラピストになりたい方には、徹底的にエゴと向き合って「心のクセ」を承知してから活動することをお勧めしています。

といっても、エゴを全部無くすことを目標にするのは意味がありません。援助職には技術だけでなく、常に自己吟味(健全な自己批判精神)が必要だと思います。

* * *

以前、ヒーラー志望の方から「自信をもって活動できるようにヒーリングしてください」という依頼があったのですが、お断りした経験があります。

そもそもヒーラーとして活動するにあたり、”自信”は必要ないと思っているからです。

依頼者にもその旨をお伝えしましたが、納得できないようでした。まだ「不安」が必要なのでしょう。でも時間の問題です。

実は私も「活動していく自信が無い」とか、「ヒーリングに自信があると活動しやすい」などと考えた時期があります。

ところが実際に動き出すと、「体験する前から”自信”は必要ない。本物の自信は体験からのみ得られる」と学んだのでした。

起こるべき時に起こるべきことが起こっています。

「自信が無い」のは、あるがままを受け入れられるようになるまで、自分という枠に気づく「心理的成長が不足」しているのではないでしょうか。

※プロを目指さない方は、悩みを抱えた時にエゴに対処すると良いと思います

タイトルとURLをコピーしました